バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー

<   2010年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ニースに来たなら・・・

料理関係の仕事をしているワタシ達は・・・

「ここに行かなくては!」

というところへ行ってきました!

そうざんす!モナコにある、かの、ルイ・キャーンズ アラン・デュカスざんすよ~っ004.gif

もう、今回のバカンスを決めてすぐに、「アラン・デュカス、行っとこな。」018.gifと速攻、フランス語のできるフレンチーにディナーの予約をさせ、それはそれは、楽しみにしていたのでした。

a0136808_13372185.jpg


この日は、久しぶりにゴージャスなレストランに行くので、気兼ねなく美味しいワインと食べ物をたべたかったので、自分達の車で行かずにタクシーで行きました。


a0136808_1356332.jpg

駐車場のおっちゃんが、親切にもタクシーの予約をしてくれて056.gif・・・ものの10分くらいで迎えに来てくれました。



a0136808_13571089.jpg
でも・・・このタクシーの運ちゃん、めちゃめちゃお喋りっ!018.gif

結構、グルメなタクシーのおっさんで・・・この間分かれた彼女としょっちゅうセレブなレストランへ行っていたらしい・・・鷹巣村エズの例の2つ星レストラン、すごい良かったと言ってました。そこから・・・聞きたくも無い二人の別れ話とかしだし・・・ワタシはフランス語はチンプンカンプン023.gifなので良かったけど・・・人の良いフレンチーは四六時中、ニースからモナコまでの道のり(多分、30分から40分くらい)、ちゃんと親身になって聞いておりました048.gif ま、ある意味、オモロイねんけどねぇ~041.gif

タクシーの運ちゃん、いっぱい話してスッキリしたみたいで037.gif最後には「自分の話ばっかりしてすまなかったね。」なんていいながら、「聞いてくれてありがとう。」と言って去って行きました(笑)。

さて、憧れのモナコのルイ・キャーンズのアラン・デュカス!外から、遠目で中を覗くと・・・ゴージャスな感じが見て取れます。

中に入ると、

a0136808_1418571.jpg

「フレンチー様ですね。こちらへどうぞ。」


と指定の席へ案内してくれました。

超ゴージャスな内装053.gifこういうの大好きーっ!

a0136808_14203553.jpg


ちゃんと天井画もあるしぃ~。ベルサイユ宮殿を思い出すわ~うっとり012.gif
a0136808_142118.jpg


a0136808_14224452.jpg


こういう内装のレストランって、バンクーバーでは絶対にありえないから、とっても貴重な体験!

入る前は緊張したけど、ものの1分後にはすっかりその気になったワタシ達・・・

気分が良くなったフレンチーは、ワタシ達はカナダから来て、料理の業界で働いている話をフランス語で快活にしておりました。すると、キッチンを見せてくれることに058.gifそれほど大きくない、とても清潔な綺麗なキッチンに、20人くらいの若い男の子たちが、所狭しと料理をしてました。多分、アラン・デュカスで働いてたという肩書きのためにスタージュ(見習い)として、タダ働きしてる子たちなんだろうな~と思いながら見ておりました。キッチンを任されているシェフは厳しい顔でコック達をチェックしてましたが、ワタシ達を見るととても快くフレンドリーにおしゃべりをしてくれました。モニターみたいなのもあって、ああいうので細かい作業までチェックしてるのかな~。さすがざんす。

さて、キッチンにお邪魔させていただいた後、テーブルに着き、

サーバーの方が記念写真を撮ってくれました。

a0136808_1426443.jpg


アペリティフに、シャンペーンを069.gif

もう、気分は王様、お妃さまざんしたよ~。070.gif

シャンペーンをいただきながら、アミューズ・ブッシュをいただきました。

もう、このときは、かなり舞い上がっていたので、写真どころではありませんでした。

「パン・ワゴン」みたいなのがあって、多分、8種類くらいのパンがあって、そこから好きなパンを選びます。ワタシが選んだのは、シンプルなミニ・バゲット。

a0136808_1444363.jpg


ワインは魚にも肉にもOKなロゼで。

サラダ。とても芸術的な盛り付けで、綺麗!新鮮で、味もおいしい野菜の味がして、普段、野菜を食べない肉肉星人のワタシ達でも、おいしくいただけました。
a0136808_14422049.jpg


シーフードの料理(←正式な名前は思い出せましぇん!スイマセン)帆立、海老、貝、蛸、イカなどがありました。どれもこれも、火加減パーフェクト!塩加減もパーフェクトでした!イカ&蛸フリークなワタシには最高の一品でしたわっ!
a0136808_15521640.jpg


こちらは、モリーユ・マッシュルームとアスパラガスのラヴィオリ。
ただただ、トレビア~ん010.gif
a0136808_14511739.jpg


ラム(子羊)肉です。
北米で食べる、赤味がかったマトンに近いラムじゃなく、ホントにお母さんのミルクだけを飲んでいた子羊の肉。肉自体も小さくって、ピンク色で、美味しかった~。3つ星といえども、ナイフとフォークを使って、なんとか骨と骨の間の肉(ここが一番、美味いのよ~)を食べましたわっ004.gif
a0136808_14532480.jpg


この後は、チーズを。大きなテーブル一面に10~15種類くらいものチーズが並んでて、そこから好きなだけ選びます。写真はとってないけど、イメージ的には↓こんな感じです。
a0136808_1564746.jpg


チーズと一緒に赤ワインをグラスでオーダーしました。
もう、この辺までくると、すっかり、王様気分に浸ってますから

a0136808_1102946.jpg


「予算も何も関係ないわ!どうにでもしてちょうだい!」





状態。赤ワインもソムリエが薦める物を頂いちゃいました。これがまためちゃめちゃ美味しかった。ワタシ達がいつも飲むワインとは全然違いましたわ。なんか、深い味わいがするんです。これが、おいしいワインの味なんだと思いました。ワタシしゃあんまりワインのことは知らないんですけどね、いいものかどうかは分かりましたよ。

なぜかデザートの前にミニャルディーズ。このミニ・カヌレ、ものすごく美味しかった016.gif もちろん全部053.gif
a0136808_1514064.jpg


チョコレート
a0136808_15191056.jpg


デザート
左が有名なチョコレートのデザート。下がサクサク、上はねっとりとしていい食感です。
右は、アルパイン・ストロベリーのコンポートとマスカルポーネのアイスクリーム。激ウマ!マスカルポーネのリッチな味わいのアイスがたまりませんでしたわ。
a0136808_15201375.jpg


こういう美味しい食事の後は、エスプレッソを飲んでその後、ディジェスティフを頂きたいところですが・・・久しぶりの長いコース料理にワタシ達の胃はついて行けず・・・エスプレッソだけをグイッと飲んで終りました。

ミシュラン3つ星レストランって、スノッブな感じがしますが、全くそのようなことはございません!ここで働いていらっしゃる方は、お客様を王様、お妃様のように扱い、お客様を満足させるために全力を尽くしていらっしゃる、とワタシは感じます。こんなゴージャスなレストランで写真を撮るのは、気が引けたワタシですが、写真を撮る前に了解の是非を聞くと、「ここ、アラン・デュカスに来て頂いたお客様のご自由です。しかし、他のお客様のため、フラッシュだけはご遠慮ください。」とおっしゃってくださいました。お金持ちでしょっちゅう来られる人もいるでしょうが、ワタシ達のように、一生に数回しか行けない人には、写真に納めたいような貴重な経験だというのもわかっていらっしゃるのでしょうね。

あるテーブルは、若いカップルと5歳くらいの可愛らしいお嬢さんと来られてました。メインコースが終ると、サーバーの一人の人が、さりげなくこのお嬢さんを「キッチンを見に行こうか?」と言って連れ出し、この若いカップルの二人だけの時間を演出してました。子供を連れ出したのはほんの15分くらいでしょうが、この15分を2人だけのロマンティックな瞬間にして欲しいという、粋な計らいなのでしょう。こういうところが、ニクイよね~006.gif やってくれるわ、3つ星レストランのサーバーは038.gif 15分くらいして、このお嬢ちゃんがサーバーのお兄さんとシェフハットをかぶって、機嫌良く帰ってきました。お父さんお母さんだけじゃなく、子供もハッピーにしてしまう。なんて、プロなの!もう、感心しまくり。チップばっかり考えている北米のサーバーたちに見せてやりたいよ021.gifこれがプロのサービスなんだと!

アラン・デュカス、すごい良かった。ホントに高かったけど、価値あります。

a0136808_1546318.jpg

あっぱれじゃった!





Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-30 15:58 | フランス旅行記2010
サラダとビール一杯をひっかけた後

前から行きたかった、鷹巣村エズに行くことに。(写真はお借りしました~)

a0136808_12145348.jpg



車を走らせて、目的地へ向かいます。

a0136808_12241270.jpg


高台にあるので、車をズンズン走らせて登っていきます。
a0136808_1230512.jpg

a0136808_12243340.jpg


ワタシの腕ではこの美しさは表現できませんが・・・

途中、海の景色が綺麗だったので、フレンチーに止まってもらって、何枚か写真を撮りました。061.gif

a0136808_12264479.jpg
a0136808_12271441.jpg
a0136808_12273177.jpg
a0136808_1227507.jpg



さて、エズ村に着きました!
a0136808_1233159.jpg
a0136808_12333375.jpg


歴史的な重要文化財なのでしょうが・・・入場料とか取らないのが、フランスのすごいところだなと思います。ま、今でも村として残ってるから、お店とかレストランとかもあるし、税金で成り立ってるんだろうけど・・・。Jardin Exotique(熱帯植物園)は5ユーロくらいチャージしてたけど・・・。

下を見下ろすと・・・
a0136808_1239335.jpg


ひぃえ~っ!怖い!私、高いところ、ダメなんざんす・・・。
そんなワタシの弱みに付け込んで、フレンチーがどうしてもここで記念写真を撮ると聞かないので(←意地悪な旦那015.gif)、仕方無しにポーズ・・・。へっぴり腰でパチッと・・・。
a0136808_12414118.jpg


a0136808_12421515.jpg
a0136808_12424391.jpg

a0136808_12443534.jpg
a0136808_1245576.jpg
a0136808_12452291.jpg
a0136808_12454182.jpg

歩いていると、鼻が反応!美味しそうな匂い~。あ、確かここに、ミシュランの2つ星レストランがあったはず・・・。
そう!Chateau de la Chevre d’Or。パティオとかもあって、ここで海を眺めながら、アペリティフを飲んだら最高だろうな~と思ってました。011.gif
a0136808_1245577.jpg


ワタシが大好きな菖蒲。
a0136808_12521347.jpg


a0136808_12533236.jpg
a0136808_12534818.jpg
a0136808_1254898.jpg
a0136808_12542890.jpg

鷹巣村はコート・ダジュールに100以上あるということですが、エズ村はその中の一つです。中世に、地中海に面した、この高い丘の孤立した頂上に、敵からの攻撃から守るために作られた村。古いまま残っているので、中を歩いていると中世にタイムスリップしたような気分になります。043.gif

木に登る猫ちゃんを発見。
a0136808_12552993.jpg


やっぱ、要塞に作られた小さな村でも、ちゃんと教会はあります。
パリとかストラスブールにある洗練されたゴージャスなキャセドラルとまではいかなくても、南仏っぽい、明るい色を使ったカラフルな内装の教会でした。
a0136808_1258532.jpg
a0136808_12591078.jpg


*******************************************************************
夜ごはんは、キッチンもちゃんとあるので、アパートで食べようということになり、フレンチーに腕をふるってもらいました。
まずは、Cote de Provenceを。この地方のロゼワインです。しっかり冷やしていただきました。
a0136808_1323967.jpg


この日のメニューは、仔牛のステーキとマルシェで買ったホワイト・アスパラガスのソテー。
a0136808_1344942.jpg


やっぱ、フランスの仔牛は美味しいね~。カナダでみる仔牛肉は赤みがかっているけど、フランスのは、ちゃ~んとピンク!柔らかいけど、テイスティ~!

この日は、まだバカンス序盤だったので、疲れており・・・2人とも9時ごろに就寝しました~014.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-28 13:14 | フランス旅行記2010
マルシェを訪れた後、買ったパンや野菜や果物を置きにアパートへ戻り、今度はワタシ達が滞在しているアパートの周りをふらふら歩くことにしました070.gif。近所に何があるのか把握するためなんですけどね034.gif

古い建物が所狭しと建ち並んでいて、通りもとても狭い!

なんだか、京都の清水寺に行くときに歩く、三年坂とか思い出しました~056.gif

a0136808_11572546.jpg
←こちら、シャガールがパリからニースに引っ越して来たときに住んでいたアパルトマン。ワタシ達のアパルトマンの2件先くらいにありました!すごい!シャガールも同じ通りを歩いていたかもとか、同じマルシェを利用してたかもって思うと、妄想の世界に入り・・・鼻息が荒くなっていきました003.gif


a0136808_128417.jpg
a0136808_1282011.jpg

a0136808_12162835.jpg
a0136808_12165074.jpg



a0136808_12172926.jpg
a0136808_12174689.jpg
a0136808_1218334.jpg
a0136808_12182113.jpg

a0136808_1221330.jpg







a0136808_12212638.jpg

a0136808_12261044.jpg


a0136808_12271529.jpg



ビーチ。
皆さん、太陽と戯れていらっしゃいます058.gif

a0136808_12302142.jpg
a0136808_12303989.jpg

a0136808_12313534.jpg

a0136808_123223.jpg

a0136808_12322763.jpg


太陽の光とそよ風にあたりながら気持ち良く歩いていたのですが・・・

突然、おなかの虫が鳴り始め・・・気がついたら、昼時を過ぎておりました・・・。
ビーチから程近いレストランへ入り、まずはビールを一杯。
暑いときはやっぱりこれだねっ!オーダーしたの料理は、シェフ・サラダとサーモンのグラヴ・ラックス。
a0136808_1235164.jpg
a0136808_12373827.jpg


この後は、前から行ってみたかった観光の名所「鷹の巣村、エズ」へ行きました~。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-27 12:10 | フランス旅行記2010
今日も張り切っちゃいました~。

休みなのに朝からせっせと掃除、そして、ランチはお隣のマーニーのところに招待をうけていたので、ちょうど我が家の庭にルバーブができていたので、手土産にリンゴと苺とルバーブのクランブルを作りました。

レシピ

*フィリング
リンゴ 3個(北米サイズ←小ぶりです~)
ルバーブ2本
苺 6個くらい(北米サイズ←鬼デッカイです~)
砂糖 1/4カップ(60ml)
バター 20~30gくらい
バニラ・エキストラクト(バニラ・エッセンス) 少々
a0136808_14165469.jpg


*クランブル
小麦粉(All purpose flour) 110g
ブラウン・シュガー 160g
シナモン 小さじ1/2 (お好みで。フレンチーはシナモンが嫌いなので、家は入れません)
塩 小さじ1/4
オートミール 70g
ピーカンナッツ 40g(刻む)
無塩バター 115g


1)リンゴは皮をむいて、4つに切って、芯を取って、さらに5つに切ります。↓こんな感じ。

a0136808_1455242.jpg


2)ルバーブ。日本ではあまりなじみがないですね~。カナダに来たばかりの頃、「これ、ピンクのセロリ?」とずっと思っていたワタシ・・・042.gif

a0136808_1475839.jpg


この皮を、ナイフでフキの皮をむくみたい、にシュ~ッと取ります。
そして、ざくざくっと切ります。
a0136808_1495930.jpg


3)苺を洗って、8個に切ります。
a0136808_14105178.jpg


北米の苺はデカイです・・・。卵Lサイズよりデカイよ~!
a0136808_1412615.jpg


4)鍋に砂糖1/4カップ(60ml)くらいを入れて、キャラメル色になるまで待ちます。
a0136808_14132018.jpg
a0136808_1413349.jpg


5)キャラメル色になったら、リンゴを入れて炒めます。(2分くらい)
a0136808_14143866.jpg


6)次にルバーブをいれて1~2分くらい調理。
a0136808_14161726.jpg


7)さらに苺を入れてクッキング~。
a0136808_1417581.jpg


8)フルーツが柔らかくなるまで煮ます。煮えたら、バターとバニラ・エキストラクトをぼ~んと入れて、フィリングの出来上がり!
a0136808_1419177.jpg


オーブン耐熱用の器に入れます。

9)クランブルの材料をフード・プロセッサーに入れて作ります。これをまんべんなくフィリングの上に敷き詰めます。クランブルが残ったので、次回のために冷凍庫に保存しておきました。
a0136808_14231397.jpg


10)オーブン400度で15分くらいで出来上がり~!
a0136808_1424717.jpg


バニラアイスと一緒に食べました~。熱いクランブルに冷たいアイスクリームがマッチしてと~っても美味しかったです!

まだ、エネルギーが有り余っていたワタシは、あんぱんとディナーロールを作りました!
a0136808_14275624.jpg


休みの日なのに、職場にいるみたいにせっせと色々な食べ物を作るので、フレンチーにいつも呆れられるのですが・・・ワタシはやっぱりキッチンにいるのが大好き!何か作って食べてもらえるのが生きがいなのよ~。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-26 14:35 | レシピ お菓子

蕎麦サラダ

今週、ヴィクトリア・デイという祭日のため、3日連休!041.gif070.gif041.gif

なので、朝から、ゆっくりお風呂にはいり、この前買って来た松本清張の本を読み、超~リラックス!004.gif

それから溜まっていた洗濯、掃除をせっせとやっておりました。066.gif

やり始めると、止まらないワタシ。

今週の朝ごはん用のパンを焼きました。

a0136808_1338091.jpg


フレンチー、やはりパンの惑星からやってきたので、食べる量が半端ではありません・・・。毎週、6個大きいのを焼くのですが・・・週末には無くなってます・・・。ま、ワタシ達日本人で言うと米みたいなもんで・・・主食だから、しょうがないんだけど。喜んで食べてくれるので、作り甲斐はあります!

晩ごはんは、ワタシの姉がずいぶん前に送ってきてくれた蕎麦があるのを思い出し・・・

a0136808_13541657.jpg


前の日に職場のチーチー(←クリックするとリンクします!毎日、愛するご主人様のためにおいしそうな夕食を作っていらっしゃいます053.gif)が作ってきてくれた、蕎麦サラダが忘れられず・・・「今日も食べたい!」と思い、それを作りました。

チーチーにお礼のメールをしたら、速攻、ドレッシングのレシピを送ってきてくれたので、シェアーさせていただきたいと思います!040.gif

まず、

ドレッシングのレシピ

ニンニク 1~2片(お好みで)
しょうが 小さじ2
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ1
米酢 1/3カップ
オリーブオイル 1/2カップ

フードプロセッサーに、にんにく、しょうが、味噌、砂糖、米酢を入れて、にんにくとしょうがが小さくなるまでブレンド。そのあと、オリーブオイルもいれて、さらにブレンドしてできあがり!

フードプロセッサーがなかったら、ミキサー(ブレンダー)でもOK。

まず、蕎麦を湯がいて、冷水でよく洗い、ざるにあげておきます。

サラダのお野菜は・・・確か、チーチー、Kaleの湯がいたのを入れとったかな・・・039.gif

Kaleって何?

こんな野菜です。

a0136808_13573394.jpg


お店で見かけたことがある人も多いのでは?ワタシも見かけたことはあるけど、実際に調理をするのは初めて!

たっぷりのお湯に塩を入れて湯がきます。芯が噛める程度柔らかくなるまで湯がきました。

a0136808_144943.jpg


ボウルに、蕎麦、海老のむき身、Kaleの刻んだもの、人参の千切り、玉ねぎの薄切り(水にさらす)、香菜(セラントロ)、そしてチーチーのドレッシングを入れてあえるだけ!

a0136808_1484927.jpg


a0136808_14144056.jpg


お皿に盛って出来上がり!


肉肉星人のワタシ達夫婦。お肉が1品ないといけないので、ポーク・ローインにお隣のマーニーから教わったスタッフィングを上に乗せて焼きます。

スタッフィング・レシピ

玉ねぎ 1個(みじん切り)
セロリ 2本(みじん切り)
にんにく 2かけ
タイム お好み
セージ お好み(←ワタシはセージが好きなので、たくさん入れました)
チキン・ストック(ホームメイド)
バター(溶かしたもの)3/4カップ(180ml)
こしょう
パン粉 丼ぶり一杯(ワタシは冷凍庫にあったフォッカチャをフードプロセッサーにかけて作った)


フライパンにバターを少しひいて、玉ねぎ、セロリ、にんにくのみじん切りを中火でしんなりするまで炒めます。
残りの材料を全部たす。
スタッフィングがモイストじゃなかったら、お湯を足して、柔らかさを調整すること。

↓焼く前の状態 
034.gifポーク・ローイン、上に切り込みを入れて、スタッフィングのうまみが肉にしみ込むようにしてます!

a0136808_14131443.jpg


↓焼き上がった後の状態

a0136808_14173887.jpg


このスタッフィング、お肉に乗せて焼くと、お肉がジューシーなままでとっても美味しく出来上がります!あと、上はカリカリ、中はモイストとこのコントラストがなかなかいいのです!鶏の胸肉に乗せて焼いてもおいしいよ。

このレシピで作ると、たくさんできるので、ワタシは小分けにして冷凍保存して、必要なときに解凍して使ってます!

ポークをオーブンでローストするときに、猫師匠からもらったサツマイモがあったので、

a0136808_14291396.jpg


一緒に焼き芋もしました!

ホ~ックホクにしあがりましたよ~。

a0136808_14303174.jpg

a0136808_1432407.jpg


甘くてとっても美味しかったです~。



フレンチー、蕎麦サラダ、とっても気に入ってました!とってもサッパリしてるのに、ドレッシングがしっかりとした味なので、幾らでも食べれてしまいます。ロースと・ポークもとてもジューシーで美味しかったです。肉から出たソースをかけていただくとなおさら049.gif

a0136808_1434711.jpg


簡単なので、試してみてね。

Fumi



041.gif070.gif041.gif
[PR]
by ralamartin | 2010-05-25 14:37 | レシピ 料理
058.gif058.gif058.gifニースざんすよ~058.gif058.gif058.gif

旅行に行くと、お決まりのポーズ・・・

シェーっ

a0136808_12123182.jpg


海辺はちょっくら、風がきつかったけど、晴れているからいいのだ~。

毎朝、ワタシ達が滞在していたアパルトマンの前のサレヤ広場でマルシェを開いてて、綺麗なお花から野菜、果物、パン、チーズ、乳製品、お肉、ソーセージ系、魚、石鹸、洋服、はたまた靴やカバンまでなんでもありました。

a0136808_12194715.jpg
a0136808_12202130.jpg

変わったチューリップ達
a0136808_12224060.jpg
a0136808_12225426.jpg

Soupe de Poissons(魚のスープ)用の魚。
a0136808_12241231.jpg

このメロン、このメロン!南フランスでよく見るやつよね!これ、美味しいんだよ~016.gif
a0136808_12312174.jpg

甘いもの系は、クッキーとかビスコッティ系が多かった・・・。イタリアが近いからか・・・。009.gif
a0136808_12314343.jpg

美味しそうなラズベリ~053.gif速攻、買って、食べながら歩いたよ~。甘くて、とてもテイスティーで美味しかった010.gif
a0136808_1236542.jpg

おもしろい形のトマト。カナダでも見たことあるけどね。
a0136808_12363749.jpg

ここのバゲット、1ユーロ。安くて、とても美味しいの~。すごい人気で10本20本30本単位で買っていく人もいました!一日、何百本売れるのかな?と密かに考えてました027.gif
a0136808_12402792.jpg

a0136808_1244146.jpg

a0136808_12443942.jpg


もっともっと、色々な店があったのですが・・・写真には撮れきれなかったです・・・。

毎日、朝の7時ごろからすごい速さでお店をセットアップ&オープンして、2時か3時ごろにはそそくさと片つけて退散されます。
ホント、これが毎日だから、大変だと思います。こういう商売は天候にも大きく影響されるだろうし・・・。
マルシェのおっちゃん、オバちゃん、兄ちゃん、姉ちゃんも皆気さくで、南国気質ってこうなのかな~と思いました~。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-23 13:03 | フランス旅行記2010
さて、ニースでワタシ達が宿泊したのは、Holiday Rentalという週単位で借りられるアパートです。

ビーチから程近い、歩いて2分くらいのところにしました。

a0136808_1351058.jpg


入り口の戸(外から見た)

a0136808_12371937.jpg


この建物、13世紀に建てられたもので005.gif、外の壁にはこんなデコレーションがありました。オサレ~016.gif

a0136808_12393044.jpg
a0136808_12394686.jpg


入り口の戸(建物の中から見た)

a0136808_12413186.jpg


古さが伝わってきますね~。

さて、ワタシ達が宿泊した部屋は、なんと、最上階の4階!!!

忘れとった・・・ヨーロッパって、4階までなら、エレベータ設置しなくてOKなのを・・・015.gif

国が違うと、常識も違うから、行ってからビックリすること、多々あり。

ちゃんと、何階の部屋か確認しとくんだった・・・008.gif

ま、しょうがない・・・セ・ラ・ヴィ~004.gif070.gif056.gif

道に迷った後の、クタクタのワタシ達夫婦の老体にはこの現実は酷過ぎたが・・・頑張って、重い荷物を4階までエッサエッサと担いで上りましたよ~066.gif

アパートの階段

a0136808_12494120.jpg
a0136808_1250048.jpg


よっこらしょ、どっこいしょとフレンチーと重たいスーツケースを持って上がります。
疲れもあったと思うけど、息切れしながら、半分、この罰ゲームのような状況に、二人とも笑いがとまりませんでした041.gif 

さ~て、ようやく、部屋に着きました。

部屋の入り口

a0136808_1255979.jpg


ベッドルーム

a0136808_12561587.jpg


白を基調にした、ステキなアパートです。

キッチン

a0136808_1257385.jpg


洗面所、バスルーム、シャワールーム

a0136808_12584713.jpg


結構、間取りも広くて、良かったです。


部屋からの景色

a0136808_1343164.jpg


4階というのと、オールド・ニースの中心街にあったので、やはり、夜遅くまで外が賑やかだったので、ゆっくり睡眠できなかったことが残念だったけど・・・でも、海にも近いし、レストラン、駐車場、お店、毎朝やっているマーケットにもちかいので、ロケーション的には最高!ちょっとくらいうるさくてもOkな人にはお薦めです!

価格は、1週間で550ユーロ。ロケーションの事を思うと、とてもお得058.gif
この立地でホテルに泊まったら、2倍以上はするでしょう026.gif026.gif

ホテルみたいなサービスはないので、最初はちょっと調子が狂いますが・・・慣れれば、地元の人になった気分で、ご近所さんとも挨拶なんかしあったりして、なかなか楽しいもんですよ~003.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-22 13:12 | フランス旅行記2010
a0136808_11495322.jpg
お母さん

最近、フランス旅行記、滞ってるんじゃないの!

フランスに行く前から、あれだけ書くって、はりきってた言ってたじゃない!

ふらふらふらふらして~!



・・・・・・今朝、ラムちゃんに一喝されました・・・。

書く気持ちはマンマンなのですが、写真をコンピューターに移して、それから縮小してーとやってたら、結構、時間がかかるもんで・・・

さて、そんなこんなで、今日は、久しぶりにフランス旅行記にいってみたいと思います!

****************************************

大好きなお姉さん、レネとご主人のデニスさんと別れの挨拶とキスをし、ワタシ達の相棒、パー君(車の名前)とともに、ニースへ向かいます!

a0136808_1159541.jpg


レネの家からニースまで、車で約10時間の道のりです~。

ワタシは車の免許を持ってないので、フレンチー一人で10時間耐久レース状態です004.gif

旅のプランを立てていた時点では、フレンチーは

「レネの家からニースまでは5時間くらいかな~」

なんて、いい加減なことを言って・・・蓋を開けてみると10時間でした・・・ハハハ017.gif

こんなことなら、もっと違うプランを立てたのに・・・今更何を言ってもやっても遅いので、とにかく現実を受け止めるしかありましぇん!フレンチーに10時間運転してもらうことに!


今回は、なるべく、節約をした旅にしようということで、ランチとか、なるべくレストランへ行かずに、安く済ませるため「サンドイッチとか買って、屋外で食べよう!」と言っていたので、途中のランチ休憩に、ドライブインに止まって、サンドイッチ(1人5ユーロ)と飲み物(値段忘れた)を買いました。

a0136808_12102815.jpg
a0136808_12104636.jpg


シンプルだけど、そこそこ美味しかった。やっぱ、フランスはパン系はおいしいよね~。

サンドイッチにかぶりつくワタシ達

a0136808_12121495.jpg
a0136808_12123014.jpg


天気も良かったし、安くて美味しいサンドイッチ、とっても満足~!


しかし、それにしても、10時間の車の旅は長い・・・

ハイウェイだし、景色もそんなに代わり映えが無く015.gif

暇だし寝たいけど、寝たらフレンチーに怒られるしぃー015.gif

車の中で本読んだら、ゲロ出そうになるしぃー021.gif

気の利いたCD持ってくるの忘れたしぃー021.gif

ケチだから、CD買いたくないしぃー015.gif

なので、仕方なく、景色を見る・・・

時々、シャトー(お城)とかあって、061.gif写真を撮ったりして暇つぶし。

a0136808_12202114.jpg
a0136808_12203732.jpg

a0136808_12251559.jpg

a0136808_12211766.jpg
a0136808_1225507.jpg


緑の多い景色から、だんだんと岩肌が出た、ゴツゴツの景色になってきたので、

「おーっ!南フランスに近づいてきたぞぉーっ!」

と、じっとして座ってるだけなのに、ちょっと気が楽になった003.gif042.gif041.gif

「早よ着かへんかな~、早よ着かへんかな~」015.gif059.gif015.gif

と呪文を唱えるように言ってると、058.gif「Nice」058.gifの標識が見えてきたーっ041.gif070.gif041.gif

a0136808_12331189.jpg


やった~!

そのまま、ズンズン車を走らせていくと、向こうの方に小さく、青い海が見えるではないですかっ!003.gif

a0136808_1236551.jpg


この椰子の木を見ると、南国に来た気がします~058.gif

a0136808_12371039.jpg
a0136808_12373734.jpg


やっとこさ、ニーズに着いて、まずは海に面した通りを車で走ります~。

a0136808_1239580.jpg


この日はちょっと曇り気味で、真夏のニースの海てな訳にはいかないけど、やっぱり、海は青くて、ピカピカしてて、広くて、ええもんだべ004.gif

スクーターの人たちも、フランス、いや、ヨーロッパっぽいね!北米ではあんまり見ないからね~。

a0136808_12425532.jpg


この、プロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais)に程近いところにある、バカンスようのアパルトマンに1週間の予約を取ってあったのですが・・・忘れてた・・・フランスの住所って、日本みたいに通りとかグネグネで入り組んでて、特に古い街だから住所を見つけるのが北米ほど簡単じゃないのを015.gif・・・

パー君についていたカーナビも全然、役に立たず(すごい大雑把なカーナビ!目的地までちゃんと連れて行ってくれなかった!)・・・、パー君のカーナビに従って運転してたら、街の中の狭い狭いとおりに連れて行かれ・・・しかも、うちのパー君、車体が大きかったのでニースの古い街の通りいっぱいの大きさ・・・レンタカーだから車に傷をつけないように走るのが精一杯・・・フレンチーだから運転できたけど、もし、ワタシだったら、泣いてたと思うわ~007.gif。ホントに道が狭いのっ!観光客のワタシ達が道に迷ってるのを、親身になって助けてくれる人もいれば、おもしろがる人もいて・・・。結局、アパートのオーナーのマダム・マーガリにワタシの携帯からSOSの電話をすることに・・・。だいたいの場所を言うと、「すぐ近くだから、そのまま、動かないでそこにいて!今すぐ、走って迎えに行くから!」と言って下さいました。ものの2分くらいでマダム・マーガリが来てくれて、「もう、大丈夫よ。とにかく、駐車場へ行って、車を停めてから、アパートに行くのが一番いいわ!」といって、フレンチーに駐車場の行きかたを丁寧にやさしくナビしてくれて、無事にアパートに着きました。042.gif070.gif042.gif

気がつくと、もう、夜の8時になってました。
もう、旅の疲れと、オールド・ニースの中のドライブのストレスで、おなかペコペコのワタシ達・・・まずは腹ごしらえをしました。

アパートの近くにあった、「Le Safari」という名のレストランへ行きました。

a0136808_1354826.jpg


まずは、南フランスと言えば、ロゼ・ワイン!乾杯~069.gif

a0136808_1381732.jpg


やっぱ、ナーバスになった後の一杯は格別ですな~053.gif

フレンチーはピザを

a0136808_13131273.jpg


ワタシは魚介のパスタを

a0136808_13135626.jpg


ピザは薄皮で、パリッとしててめちゃ美味しかった!

パスタもシーフード盛りだくさんで、満足!049.gif

デザートは、見たくれは悪いけど、両方とも手作りでとても美味しかったです!

プロフィトロール
a0136808_13164157.jpg


アップルタルト・タタン

a0136808_1318165.jpg



長時間のドライブ、オールド・ニースで道に迷ったストレス、などなどあったワタシ達・・・とても疲れておりましたが、せっかくのバカンスなので、このまま、部屋に戻って寝るのもどうかと思ったので、アパートの界隈を散歩しました。

a0136808_13215217.jpg
a0136808_13221557.jpg

a0136808_13232622.jpg
a0136808_1324985.jpg
a0136808_13243054.jpg
a0136808_13245266.jpg

a0136808_13252846.jpg
a0136808_13254814.jpg

a0136808_13262629.jpg
a0136808_13264633.jpg
a0136808_1327569.jpg
a0136808_13272813.jpg


とても古い街で、カナダでは見ない街並み・・・。綺麗っ!と思いながらも・・・もう若くないのをひしひしと感じました・・・。昔なら、「このまま、徹夜で楽しもう~!」なんてやってただろうけど・・・暗いし疲れてたから、そのまま帰って寝ました~!019.gif014.gif019.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-21 13:11 | フランス旅行記2010
メープルリッジ村、さっきまで停電でした・・・015.gif

今日は、荒れ模様の天気で、職場のあるバンクーバー・ダウンタウンは雨が降っているだけって感じでしたが・・・郊外のコキットラムとかポコ(ポート・コキットラム)メープルリッジは強風で荒れ狂ってて、木の枝とかも折れてぶっ飛んでて大変だったみたい・・・026.gif

そのせいで、私の乗る通勤電車も遅れまくってました003.gif

そんなことは露知らず・・・043.gif、ワタシは仕事が終った後、またもや、モナ様と会うことになってまして・・・チョコレート・カフェMinkでデートをしてました~053.gif

というのも、モナさんのウェディング・ケーキを作らせて頂くという大役をおおせつかりまして・・・004.gifケーキのサンプルのテイスティングをしてもらうために、わざわざMinkに来ていただきました。箱詰めにして、お家でゆっくりお茶でもしながら、ケンさんと吟味していただければと思います003.gif

7種類作りまして・・・

1)バニラ・スポンジケーキ、バニラ・バタークリーム、レモン・カード、フレッシュ・ラズベリー

a0136808_12552776.jpg
a0136808_12554320.jpg



2)へーゼルナッツ・スポンジケーキ、ダーク・チョコレート・ガナッシュ、バニラ・バタークリーム

a0136808_1258888.jpg
a0136808_12582565.jpg


3)ストロベリー・ショートケーキ

a0136808_1302157.jpg
a0136808_131791.jpg



4)キャロット・ケーキ、クリームチーズ・アイシング

a0136808_1322835.jpg
a0136808_1324511.jpg



5)チョコレート・ムース・ドーム

a0136808_1342232.jpg



6)ラズベリー&ホワイトチョコレート・ムース

a0136808_1352566.jpg



7)へーゼルナッツ・チョコレート・フォンダン・バー

a0136808_1371975.jpg


さて、どれを選ばれるのしょうかね~?

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-20 13:11 | ケータリング
今日は、前から、お目にかかりたかったバンクーバーのブロガー、モナさんとランチに行きました~。

場所はゆっくりお話できるところというので、Shuraku Sake Bar & Bistroここは、曜日毎に7ドルのスペシャル定食があって、本日日曜日はから揚げ定食が$7とお得!そして、美味しいの~。

さて、モナさん、来る7月にご結婚されるので、ワタシに大切な日のウェディング・ケーキを依頼してくださいました~004.gif

その打ち合わせのために、今日、お会いしたのですが・・・

最初から、ウェディング・ケーキの話はそっちのけで、2人でベラベラと世間話を・・・(笑)。ブログって不思議。初めて会うのに、そう感じないんですもの~。もう、何年も知っているお友達のようにお喋りしました。とっても楽しい時間を過ごさせていただきました~!モナさんはとても穏やかで聡明なお姉様的印象を受けました~。

さて、食べたものは・・・

モナさんが「野菜コロッケ定食」
a0136808_13403967.jpg


ワタシはもちろん、「から揚げ定食」
a0136808_13411085.jpg


「やっぱり、バンクーバーの日本食は海外で一番美味しいですよね~」と言いながら食べてました。

ベラベラ喋っているとあっという間に時間が過ぎ・・・ウェディング・ケーキのことを喋る前にお会計のときになってしまいました・・・(笑)。急いで、ウェディング・ケーキのお話をしました。シンプルなウェディング・ケーキがお好みのようなので、話はスムーズに。ケーキのフレイバーのアドバイスをしました。

モナさん、ご馳走様でした~!

食後にお茶と甘いものが食べたくなったのと、もっと、モナさんとお喋りがしたかったので、2人でWedgewood Hotelへ。

モナさんがオーダーされた「ラベンダー・クリーム・ブルレ」
a0136808_13495072.jpg


ワタシがオーダーした「ルバーブ・クランブル」
a0136808_1351178.jpg


お互いのデザートをつつきながら食べました~。こういうの久しぶり~056.gif女子大生時代を思い出すわ~。

デザート両方共、とーっても美味しかったでーす!また、来たいな~と思ったくらい。

写真をパチパチ撮っていたので・・・レストランのフロアマネージャーらしき人が「お二人の写真を撮りましょうか?」と気を利かせてくれて・・・記念写真を撮ってもらいました~。

a0136808_13564393.jpg


ここでも、楽しいひと時を過ごさせていただきました~。今度は何人か集めて、「バンクーバー・ブロガー同窓会をしよう!」と張り切ってました(笑)

モナさん、楽しい時間をありがとうございました!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-05-17 13:59 | その他