バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

本日のウェディングケーキは、どう言ったらいいんでしょうか・・・地球儀のような、でも何だか違うものに見えてきます・・・毛糸の玉を丸めたやつだ。花嫁さんから、こういうウェディングケーキを作って!との要望があり、モデルの写真も(雑誌の切り抜き)を持ってきてくださいましたので、言われるように作りました。
a0136808_10151715.jpg

この、地球儀みたいなのは、ホワイトチョコレートで作りました。シンプルですけど、なかなかエレガントなケーキですね。こういうの、結構、好きかも。もちろん、写真よりも、実物のほうが綺麗ですよ。ハイ、カメラマン(あたくし)の腕がね。逆光になって、なかなか、ショットが決まらず・・・といろいろ言い訳。

今日は、一緒に職場で働いているお嬢さん(←みのもんた風)二人を載せます!お嬢さんって年齢でもないけどね028.gif
a0136808_10464499.jpg


左から、このブログに出演率の高いCさん。本人曰く、小さいときは可愛かったらしい。右側が、時々、このブログに出演の、T子どん。(私)“写真撮るからねぇ~。笑って~。チーズ!”と言ったら、反抗期の彼女はぷんぷんの怒った顔をしました。真ん中のイカツイおばさん(あっ、おっさんやった。ハイ、自称、♂でございます。)が、スーです(ちなみに名前のスペルは典型的なSueではなくて、Soeixです)。スーはコックさんなので、うちのペーストリー嬢ではありません。キッチンとつながってるから、時々、こうやって、ちょっかいを出しにくるのです。
で、これが、今日のウェディングのデザート。デザート好きな方々なのでしょうか、バンケットメニューの中から、3種類をお選びになって、一皿にのせる、Trio of Dessertです。私としては、お皿の中に統一性がなくて、あまり好きではないのですが・・・でも、写真、アップします。
a0136808_10364064.jpg

真ん中から、チョコレート・ムース・ボム(Chocolate Mousse Bomb)、NYスタイル・チーズケーキ ストロベリーマカロン、最後がミニ・ブラックベリータルトです。もっと、バンケットのデザート、特にウェディングのデザートは向上したいです。この方々のように、エキストラのお金を払う気があるのなら、こちらも相談に乗るのに・・・。ま、ぼちぼち、システムを変えていきます。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-08-31 10:48 | 仕事

Wild Flower

お姉さんとその彼氏がうちの滞在中、時々、3人で裏山を散歩しました。日頃は億劫なので、行くはずもなく・・・犬とか飼っていれば散歩がてらに行くんでしょうがねぇ~。せっかくの、お二人からの誘いを断るわけにもいかず・・・ついていきました。うちの近所は新興住宅街で、周りを見渡せば、家・家・家なのですが、裏山に行けば、まったく違う景色に・・・木々が生い茂り、シダ植物もそこかしこにあり、自然いっぱいでした!癒しの世界です。

a0136808_126565.jpg


お姉さんと彼氏は相変わらず、ラブラブどすぇ~053.gif

a0136808_1291455.jpg


野生の花たちも、こんなに綺麗!シンプルだけど、華があるって感じですか・・・。

a0136808_1211631.jpg
a0136808_12111934.jpg
a0136808_12113313.jpg
a0136808_12115171.jpg


お姉さんの彼氏、木のオタクらしく、いろいろ説明されてます。私にも、木の名前とか教えてくれました(ぜんぜん覚えてないけど・・・038.gifだって、興味ないんだも~ん)でも、木が与えてくれる癒しは計り知れません。
a0136808_12152537.jpg

a0136808_1084286.jpg


ブラックベリーもたくさんなってます!お姉さんたち、熊のように食べまくってました。このあとも、家用にたくさん摘んでくれました。

やっぱ、カナダの夏はサイコー!そんなに暑くないし、そこかしこにフルーツはなってるし。短い夏だけど、ホントに楽しませてくれます。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-08-29 12:22 | バンクーバー 自然
060.gifある~日(ある~日)、森の中(森の中)、熊さんに(熊さんに)、出会~他(出会~った)!!!005.gif
そうでございます。とうとう、生・熊を見ました!というか、会いました!ホントに偶然なんですが・・・たまたま、うちの旦那さん、フレンチーのお姉さんとその彼をCypress Mountain に連れて行ったとき・・・フラ人3人は、相変わらずぺちゃくちゃぺちゃくちゃしゃべり通し。どうせ、どーでもいいようなこと、ホントにどーでもいいような、ポテトの話とか、たべもんの話をしていたのでしょう。運転しているうちの旦那さんは山の中とあって、車は私たちだけだったので、前もろくに見ず、後ろを見ながらしゃべってました。私は、フラ語。さっぱりわかりましぇ~ん039.gifので、もちろん前方を向いていました。そしたら、私たちの車の前を熊が横切ってるじゃぁありやせんか!!!035.gif私が、“熊!熊!”と言うと、皆、声が大きいから聞こえてない・・・、もう一回“熊だ!”というと、“どこに?何を言ってる?”で、“ほら、車の前歩いてるやん!”と言うと、フラ人3人とも005.gifびっくり!まさか、こんなにまじかで見れると思っていなかったらしく、3人とも、“シーッ!シーッ!”と言い合ってましたが、その、“シーッ!”って言うのも、音量、大!だったので、熊さんは060.gifすたこらさっささのさ~、すたこらさっさのさ~” と藪の中へお消えになりました。その写真がこちら。

a0136808_1237311.jpg


こちらの写真は、職場のCさんが、以前、ウィスラーに住んでいたときに撮られたものです。なかなかのショットですぞ。

a0136808_12383323.jpg

a0136808_12391078.jpg

私たちが見た熊さんは、もう少し小ぶりでした。モコモコしてとてもかわいかったです。でも、くれぐれも、熊さんは、遠くから見るようにしましょう。近づくと・・・やられますよ・・・・。このあと、スキー場のゲレンデのところを歩いていたら、またもや熊さん登場!でも、近づいちゃだめなのは、暗黙の了解・・・しかし・・・フラ人(お姉さんの彼氏)は、めずらしいものだから、興奮して近づいていきます。私たちはもちろんのこと、そこにいたレンジャーみたいな人にも“それ以上近づいちゃだめだ!”って言われてるのに、言うこと聞かないの、この爺様!047.gif二度童(にどわらし)とは、このことだと痛感したわたくしでございやす。
最後にCypressからの眺めも・・・
a0136808_1249593.jpg

[PR]
by ralamartin | 2009-08-28 12:15 | バンクーバー 自然

Vancouver, False Creek...

お姉さんたち、おフランスへお帰りになり・・・やれやれ・・・と久しぶりに二人だけの時間を満喫いたしました。景色の綺麗なFalse Creek へ行き、二人で当てもなく太陽の光と海の臭いを浴びながら歩きました。バンクーバー・・・晴れてるといい所なんだなー。
a0136808_12404731.jpg
a0136808_1241015.jpg
a0136808_12411393.jpg
a0136808_12412873.jpg
a0136808_12414081.jpg
a0136808_1243733.jpg

このビル、くねくねに見えますけど、こういうデザインなので・・・。はい、欠陥ビルではございません。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-08-27 12:45 | バンクーバー 自然
2週間くらい前の金曜日・・・私の職場で、Sake Tasting Dinnerがありました。以前、Wine Tasting Dinnerは時々あったのですが、酒を使ったTasting Dinnerは初めてです!Tasting Dinnerとは、6コースくらいの料理を、それぞれのお酒の種類に合わせて作って、お酒(Wine)メーカーさんから、いろいろな説明や解説をしてもらって、飲んで食べるテイスティング・ディナーのことです。お酒はもちろん、わがバンクーバーの酒Maker, Masa Shirokiさんによるものです!リンクは、こちらから→www.artisansakemaker.com 
お酒の認知度は、このバンクーバーでもずいぶん高くなったとは思いますが、私の職場は会員制のクラブなので、それなりに硬いといいますか、保守的といいますか・・・なかなかWine Maker Dinner ほどのお客様は集まらず・・・20人足らずのSake Tasting Dinnerとなりました。シェフたちが、酒に合わせていろいろおいしそうなものを作ってましたが、この日はわたくし、目の調子が悪く写真どころではありませんでした・・・。なので、私が作ったものしか載せれません・・・。スンマセン!
a0136808_122326.jpg

マカロン(中のクリームはお酒の味のガナッシュです)、酒かすパウンドケーキ、酒かすアイスクリーム、Lemon Vebena Poached Peach、Lychee Cream Fraiche, Lychee Cavier です。皆様、綺麗にたらいあげてくださいました。ありがたいことです。Shirokiさんからも、お褒めの言葉を頂き、特に酒かすアイスを気に入っていただけたようです。もっと時間があればあれこれ試したかったのですが・・・毎度のことながら、うちのシェフ、“Fumi, 明日、酒かすを使ったデザート作ってくれ!”と言われたので、 “ア~~~メマ!”と心の中で叫びつつ、慌てて作ったデザートざんす。このデザートと一緒に出されたお酒は、Osake Jummai Sparkling Sakeです。

さて、うちの庭のトマトさん、やっと赤くなりました!明日くらい、もぎ取って食べようと思ってます。

a0136808_1224261.jpg


葡萄さんもこんなに・・・

a0136808_1225824.jpg


おっと、酒ディナーのMignardiseを載せるのを忘れてました。

a0136808_12304979.jpg


マカロンにくっついてるラズベリーマシュマロの皺が・・・。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-08-27 12:36 | 仕事
旦那様のお姉様たちがいらしていたとき―――

スーパーで買い物をしていると・・・

a0136808_12523598.jpg


やたら、

“シェー!シェー!″

と言っているではないですか!

a0136808_1331788.gif


まさか、その昔一世を風靡した“おそ松くん″のあのイヤミのシェーをフランス人が知ってるのか?そんなことあるはず無し。旦那様に、゛シェー”ってフランス語でどういう意味?と聞いたところ、どうも値段が高いと言うことらしい。゛へぇ~。″と変に納得した私。もしかしたら、あのイヤミの″シェー″はここからきてるかもっ!と勝手に想像し、翌日、職場のCさんにそのことを報告。二人で笑うも、赤塚不二夫先生のアイデアに感心してました。そのときは、Cさん、ヨーロッパ旅行に行く直前。パリにも何日か滞在を予定されてて、パリが大好きな私は、Cさんとパリの話をしながら盛り上がっておりました。“パリで、何か買ってきて欲しい物ありますか?”と聞かれ、んーそうねえー、

シャンゼリゼの高級店の前で、シェー(高い)!のポーズの写真を撮ってきて!″

ハイ、律儀なCさんは、このミッションを果たしてくれました。

1枚目はカルチェの前で・・・

a0136808_1320952.jpg


2枚目はルイ・ヴィトンの前で・・・

a0136808_1321972.jpg


旅にご同行のいとこが、写真を撮るのが下手くそだったらしく、何枚も取り直しをしたそうです・・・。やはり、街行く人、特に子供がが“この人は何をしてるんだろう?”という顔をしていたらしいです。そうだろ~ね。ハハ!ご苦労さん、Cさん!ミッション終了!

で、ウィキペディアで調べたところ、シェーの由来は・・・

「シェー」という発音は、本来、「ヒェー」と叫ぶつもりなのに、イヤミの前歯は大変なすき歯であるため、空気が漏れて「シェー」となってしまったとされる。他にも、イヤミのフランスかぶれ的なキャラクターから転じて、フランス語のスラングchier(シエー=糞ったれ)から来たとする説もある。ただし一般的にこのフランス語のスラングはchier一単語ではなく、faire(する)を組み合わせてfait chier(フェシエー=糞しやがれ)と言うことが多い。また星新一は、赤塚不二夫が満州からの引揚者である事実に着眼し、中国語の「謝謝」の発音が幼児期の赤塚に刷り込まれた可能性を指摘している。


ハイ、なので私が勝手に思っていた“シェー(高い)”の意味はなさそうです。でも・・・もしかしたら、それも由来の一つかも知れませんよ。由来はハッキリしていませんから。赤塚不二夫先生だけがご存知でしょうが、お亡くなりになられたので今となっては誰にも分かりませんね。

Fumi

[PR]
by ralamartin | 2009-08-25 13:35 | 仕事
久しぶりのブログ。お姉さんと彼女のボーイフレンドが先月の末からうちに来られて、仕事と接待で激疲れ気味だった私であります・・・。おまけに風邪までひき、治った!と思ったら熱だけ下がっただけで、今度は咳が止まらず、睡眠不足と頭痛に悩まされたと言う次第。終いには、左の目が充血して、赤いので、職場のT子どんに、“Devilみたいで怖い!”と言われてまいました。ほっといてくれ!日頃、グータラな嫁をしており、普段しないお皿洗いやら洗濯、掃除・・・(いつも、旦那さんにやらせているのです・・・スイマセン)慣れないことをやって無理が祟ったようです。家事、掃除、洗濯、お皿荒い、子育て、仕事とこなしていらっしゃる世のお母様方、あっぱれですよ~。私には真似ができましぇん!

で、今日、旦那さんのお姉さんと彼女のボーイフレンドがフランスへ帰られました。“やれやれ”という気持ちと“なんか、寂し~い!”という気持ちが混ざり合った複雑な心境でっす・・・。やっと、お互いに、むちゃくちゃな英語とフランス語でコミュニケーションが取れるようになったのになぁ・・・。若かりし頃、初めてアメリカにホームステイをしたときを思い出す私でした。英語は学校で勉強はしてたけど、現地ではみんな喋るのは早いし、何を言ってるのかよく分からなかったけど、ホームステイも終盤になって、やっとお互いに理解し始めた頃にお別れ・・・そんなことを今日の午後は思い出して、いろいろ考えてました。やっぱ、フランス語せなアカンな。ちょっとでもいいから。そしたら、もっと旦那さんの家族と楽しく過ごせるだろうなあと思う・・・けどズルズルと怠けてばかり・・・。まずは、数字の読み方からマスターする!小さいことから始めるゾー!

さてさて、タイトルに“鉄砲玉ウェディングケーキ”とちょっとカゲキな題名をつけましたが、今週作った2つのウェディングケーキの一つです。こんなん出ました~。

a0136808_10322716.jpg


ケーキの側面にこの金と銀の玉のようなものを色を着け、一個一個貼り付けたケーキです。この玉も一個一個お手製なんでございます・・・。Fondantという、砂糖で出来たペースト状のもので丸めて作りました。何個作ったんでしょうか、数えてませんが、もしかしたら、何千個か否、万個あると思います、ハイ、マジな話です。もちろん、何千個もこの玉を作る作業は私一人ではとても・・・無理・・・と思ったのは一週間前・・・時は少し遅し・・・計画性のない楽天的な私は“ダーイジョウブ、ダーイジョウブ~!”と何もしなかったのでアリマス・・・。で、ヤバイ!と1週間前に気がつき、自分の休日も利用して作ることにしました・・・がやっぱり時間がかかる・・・そしたら、お姉さんとその彼氏が“鉄砲玉、作っとんか。手伝おうか?”と言ってくれるじゃないですか!ラッキー!その言葉を待ってましたとばかりに“コムサー・・・(Like this・・・)そうそう、こんな風にね~”と作り方のコツを教えたりしてやって、いろいろな話をブロークンフレンチでしながら、2日かけて終えました。玉を作っている様子ですーー

a0136808_10441262.jpg


私、メガネをかけて、パジャマのままで、無様な格好でスイマセン。でも、それくらい切羽詰ってたのですぅー。丸めたあとに、乾かさないといけないので、それに2日要し、色付け、ケーキに貼り付けるのに1日半、やはり、お姉様たちの助けがなければこのウェディングケーキは終わらなかったでしょう。お姉さん、彼氏、メルスィボクー!
ついでに、このウェディングレセプションのテーブルセッティングの写真も。結構、ゴージャスですな。あんま、花はないけど。
a0136808_10502591.jpg

いつも、ケーキの断面図を写真で撮るのを忘れる・・・味は、へーゼルナッツスポンジケーキ、ガナッシュとバタークリームのレイヤーです。切り口も切れいし、しっとりして味もしっかりしてておいしかったです。T子どんが、“私のウェディングケーキには、このケーキを作って!”と言ってました。でも、相手を先にみつけないとねぇー~;)

もう一つのウェディングケーキは、至ってシンプル。
a0136808_10571598.jpg


味は、それぞれのケーキの段で違いまして・・・一番下の12インチのケーキはキャロット・ケーキ、クリームチーズ・アイシング(いかにも北米らしいケーキ)、真ん中の9インチがチョコレートスポンジケーキ、チョコレートバタークリーム、一番上の6インチが、バニラパウンドケーキです。この方達は濃厚な、重いケーキがお好きなようです。
テーブルセッティングが結構良かったので、載せておきます。
a0136808_1112399.jpg
a0136808_1113872.jpg


仕事を終え、家に帰るとお姉さんがキッシュを作って待ていてくれました。
これが、キッシュ・ロレーヌ(ロレーヌ地方のキッシュ)
a0136808_1134767.jpg


これは、トマトとオリーブのキッシュ。キッシュを焼いてるこの黒いトレーっぽいやつ・・・。なんか、見たことがあるなあーと思ったら・・・魚を焼く網の下の部分でした!こんな風に使えるんやぁ・・・と感心してしまいました。アイデアだな。
a0136808_1165513.jpg


カナダで売っているキッシュは、部が厚いので・・・どういったらいいんでしょうか、嵩が高いので、そうですねぇ、ピザのシカゴスタイルみたいな感じで、具の部分が多すぎて好きではなかったんですけど、お姉さんのは、薄かったので、私のお腹にももたれず、いい感じでした。なんといっても、タルトシェルも手作りなのでサクサクっとして、おいしかったです。今度は、自分で作ろーかなと思いました。

では、最後に、キツラノ・ビーチの夕日を。
a0136808_11143483.jpg


これを見てると、“アー、もうすぐ夏も終わってしまうのかしら・・・”と思ってしまいます。また、雨・雨・雨!のバンクーバーになるのね・・・。皆も、こんなに暗くなっても、ビーチから離れようとせず、日が沈むまで楽しもうとしてるから、私と同じことを思ってるのね。

Fumi

[PR]
by ralamartin | 2009-08-24 11:28 | 仕事
先々週だったかな。職場にウェディングの宴会場にデコレーションに来たお花屋さんが、こんなものを花と一緒にくれました。これで、何をしよ~かな~と考えて・・・その犠牲者(?)になったのが、うちの箱入り息子と娘です!コスチュームっぽくなればな~と思い、首輪に着けます。
a0136808_13551861.jpg

箱入り娘のラムちゃんは、やっぱり、嫌そう・・・。でも、頑張ってポーズとってよ~。
a0136808_13554119.jpg

そんな顔しないでさ~。
a0136808_1356218.jpg

あら、なかなかいいショットじゃない?その目頭の強さ、スーパーモデル並みね(親ばか)。手の角度もなかなかよ。
a0136808_14205898.jpg

マーティンは、やんちゃ坊主だから、やっぱりじっとしてくれなくて、なかなかいい写真を撮らせてくれない・・・。
a0136808_1422252.jpg

結局、私がモタモタしてる間に、布を首から引っ張り出し・・・
a0136808_1357912.jpg

遊び道具となりました。ハイ、撤収ー。
a0136808_135721100.jpg

[PR]
by ralamartin | 2009-08-09 14:22 | 姫と若

突撃!うちの晩ごはん

風邪はすっかり一日で治り、あの辛さはなんだったのかと思う今です。自分で言うのも何ですが、気も体も強いんですね~と改めて自分のことを関心してしまうな。かわいくないな~。ま、いいけど。
食欲もすっかりいつもどおりになり、昼ごはんは職場のT子どんが買ってきてくれた、Fujiyaさんのさば弁当をいただきました。相変わらず、値段の割りに種類も豊富で、とってもおいしかったです!T子どん、ごっつぁでっす!
今日は私の金曜日なので、仕事もテキパキとこなし、時間通りに終わり、バスに揺られること1時間20分、家路に着きました。今はお姉さん達が来てるので、うちのフレンチーも頑張って食事を作ってくれます。で、今日の晩ごはんは、Pork Tenderloin with Mushroom sauce。豚肉の一番やわらかい部分の肉です。それにクリームベースのソースです。
a0136808_12382390.jpg

作り方はいたって簡単。フライパンにバターと油を入れ、塩こしょうした切り身の豚肉を両面焼き、ある程度、肉に火が通ったら、マッシュルームのスライスしたのを入れて、肉と一緒にソテーします。そのあと、クリームを入れてフライパンについた肉の旨みをこそぎとって、仕上げにパセリのみじん切りを入れて出来上がりです。
a0136808_12435036.jpg

中はこんな感じです。ちょっとピンクなのでヤバイんじゃないかと思われる人もいるかも知れませんが、フランスとかドイツではこんな感じらしいです。私も、いつもピンクのを食べてますが、いまだかつて食中毒になったことはありません。ハイ。私、食べ物に結構イチャモンをつける人なんですけど(特にうちのフレンチーには・・・)今回は、すごいおいしかった!私があまり褒めることがないから、褒められると嬉しそうでした。まあ、シェフだから、おいしくて当たり前と言えば当たり前だけど。
ついでに、この前の晩ごはんも載せちゃいます。
まずは、枝豆とビール。暑い日だったので、冷えたビールとよく合いました。
a0136808_12505965.jpg

Potato Lyonnaise(ジャガイモのソテー、リヨンスタイルとでもいうのでしょうか・・・)。要するに、ジャガイモのいちょう切りと、たまねぎのスライスしたのをバターでソテーしたものです。それと、Minute Steak (牛肉の腿とかの少し硬めの肉を、ミートパウンダーでたたいてやわらかくしたステーキです。ちょっと、硬いですけど、私たちはこういう肉のほうが歯ごたえがあって、肉の旨みも噛めば噛むほどでておいしいですよ。
a0136808_12511250.jpg

食べる前にみんなで乾杯~!
a0136808_1251263.jpg

デザートは、地元、Pitt Meadowのブルーベリー。今年は天気が良かったので豊作だそうです。昨年よりもかなり安いと、職場のシェフが言ってました。ジャムでも作ってみるかな。
a0136808_12514152.jpg

[PR]
by ralamartin | 2009-08-09 13:17 | 家ごはん
朝から、鼻と喉の調子が芳しくない・・・・。風邪気味かな・・・という程度だったのですが・・・仕事中、やっぱり、頭痛、吐き気、寒気、体の節々の痛み・・・おかしい・・・やっぱ、風邪ひいたかな。でも、誰も、そんな私の苦痛に気づいてくれない・・・なぜかというと・・・私はどんなにしんどいときでも病気に見えないのです。トイレに行ったとき、自分の顔を見て、目はしっかり開いてるし、顔も青白くもないし、唇も血色がいいし・・・。でも、私はしんどいのだ!やっと、仕事が終わり電車でガタ~ン、ゴト~ンと揺られて50分後、家に着き、熱を測ると39度!でも、私の顔はそんな高熱がある人に見えない・・・。何でかなぁ。ぐすん・・・。で、フレンチーにLondon Drug に連れて行ってもらって、薬を買いました。帰り車中で、“大丈夫か?かわいそうな、Fumiやん。でも、こういうときこそ、しっかり食べて栄養を取らないといけない。キッシュを食べなさい。”と言われました。こんなしんどいときに、吐きそうなのに、そんな脂っこいもの食べられる訳ないだろ!“おかあちゃ~ん!”と泣きたくなりました。こういう、病気とかした時、国際結婚のつらさを感じます・・・。食生活の違いですか・・・。
a0136808_13281626.jpg

[PR]
by ralamartin | 2009-08-08 13:29 | その他