バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:レシピ 料理( 8 )

グラブラックス Gravlax

やっぱり1月は暇~~~~

貧乏性だから、暇がつらい!

暇ほどつらいものはこの世にございません!


会社のセールスの子に
『暇すぎておもしろくないーっ!つらい!』

と言うと、

『Fumi,1月なのよ。ゆっくり出来るときにゆっくりして。』

と言われたけど・・・

暇すぎて死にそうと言っておきました。

もちろん、あきれてました。

ま、来週からシカゴ&NYだし、それから帰ってきたら忙しくなっているでしょう。

今は充電充電。

***************************************

さて、話は本題に戻し・・・・

ずいぶん前の話なのですが・・・

クリスマスにハフ王からサーモンを1匹いただいたので、お隣のノルウェー出身のバイキングさん(仮名、市原さんの旦那さん)のために、グラブラックス(Gravlax)を作りました。

日本ではあまり見かけないかな?

スモーク・サーモンは有名ですが、グラブラックスはスモーク・サーモンではありません。

いわゆる、キュアード・サーモン(Cured Salmon)で、塩と少しの砂糖でマリネというか漬けたサーモン。
スカンジナビア諸国の料理です。
好みで、ディル(ハーブ、オレンジ、レモン、ライムなどのシトラス系、ホースラディッシュとかビーツを混ぜ込んでマリネしたりします。
日本の漬物が野菜なら、スカンジナビアはサーモン?
日頃食べるものを食料が取れない冬に向けて保存する、それが目的だったんだよね~。
日常食品らしい、あちらでは。

ピンク・サーモンで作りました。
ちょっと小ぶりでSockeye(紅鮭)よりも淡いピンク。
いただいたサーモンは、クラブがご用達してるサーモンおじいちゃんのところから。
ここのサーモンが私が今まで見た中で一番質が良い。
バンクーバーの良いレストランは大体ここのサーモンを使ってるらしい。

さて、いただいたサーモンはもちろんフレンチーにさばかせました(笑)。だって、手が生臭くなるから~

さばいたものに塩、砂糖、ディル、レモン・ゼスト、ブラック・ペッパーとコリアンダーの砕いたものを混ぜたものをサーモンに乗せます。
a0136808_1303188.jpg


冷蔵庫に丸一日入れます。

次の日
a0136808_1344398.jpg


浸透圧でサーモンからかなりの水分が出ております!

これでまだでき上がりではございません。
これを今度はひっくり返して、身のほうを下にします。
a0136808_1393078.jpg


今度は重石(お皿)を乗せてみました。
a0136808_1432924.jpg


コレをまた一晩漬け込みます。

そして次の日にサーモンを取り出し、ペーパータオルとかで余分な水分を軽く拭き取って、出します。
a0136808_1475255.jpg


口の中に入れたとき、ちょっと塩気が強いような気がしましたが、食べていると美味しいサーモンの味が口の中に広がり、そこからディルとレモンのコラボ~ブラボ~010.gif



この日は、お隣の市原さんとバイキング、テナントのJF君、私たち夫婦で一日早めのニューイヤー・イブ・ディナーをしました。
a0136808_1525594.jpg

スナック料理でお酒と一緒に2012年最後の集まり。
主役はやはりグラブラックス。
バイキングさんも大喜びで美味しい美味しいと食べてくれました。
あまり魚は好きでない市原さんも沢山食べてくれました。(だから、市原さんの夫のバイキングさん、日頃魚をあまり食べられないのです~)
グラブラックスは初めてというJF君、『俺はグラブラックスはあまり好きじゃないから食べない!』と豪語していたフレンチーも『美味しい美味しい!』といってバクバク食べてました。

やっぱり、食材が良いからだと思います。
時間はかかりますが、プロセスは至って簡単なので、機会があったら作ってみてくださいね♪

064.gifレシピ064.gif

グラブラックス Gravlax

サーモン半身


白こしょう、荒く砕いたもの 小さじ1
黒こしょう、荒く砕いたもの 小さじ1
コリアンダー・シード、荒く砕いたもの 小さじ1
コーシャー・ソルト(あら塩でもOK) 大さじ2
グラニュー糖 小さじ2(10ml)
レモン・ゼスト 1個分
ディル、荒切り 量は好みで。私は1ハンドフルくらい入れました



Fumi
[PR]
by ralamartin | 2013-01-20 01:35 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(8)
職場のT子丼松茸をくれました。

何でも、T子丼家族のお友達がくれたそうで・・・。

でも、来週から家族でハワイに旅行に行かれるので食べきれないからと

ワタシ猫師匠にくれました。

とりたての松茸みたいで、とっても香りが良かったです~!

こんなに大きいの~!

Lサイズの卵を置いてます。それで大きさを想像してみてくださいましぃ~。
a0136808_11122893.jpg


浮かれて、こんなポーズで一枚。

松茸でヘラジカ
a0136808_11163142.jpg

a0136808_11413240.jpg

酒は入ってませんよ~!
松茸の匂いに酔っただけ~。
新鮮だったからか、ホントにいい匂いだったの~。

ワタシは松茸は、まあ好きなことは好きなのですが・・・

自分で調理せず、オクトパス・ガーデンSさんのところに行って食べるのが恒例なんだけど・・・。


今年はワイハー旅行に行ったりして、まだお邪魔してません・・・。

人によって好きな食べ方はそれぞれだと思いますが・・・

ワタシが好きなのは何と言っても

松茸天ぷら

で食べるのが好きっ!016.gif

でも、自分で天ぷらはしたくない。015.gif

家に帰って、フレンチーと一緒に食べようと思ったけど・・・
フランス人のフレンチー、また、日本の松茸とフランスのセップ茸とかモリーユ茸と比較して、サーカスティックな可愛げの無いことを言いそうな気がしたので、職場でまかないにして食べました。048.gif

056.gif松茸 de スパゲッティー
a0136808_11222040.jpg


1)熱したフライパンにオリーブ・オイルを入れ、みじん切りにしたシャロットとニンニクを入れて焦げないように少し炒める。

2)白ワインを入れて少し煮詰めて、大きめにざっくりと切った松茸を入れて、1分くらい調理する。

3)フォン・ド・ヴォー(仔牛の骨で作っただし汁)と隠し味に薄口醤油を入れて、2分くらい煮詰める。

4)湯がいたスパゲッティー(アルデンテ)を入れて、塩コショウで味を調えながら和える。チャイブの刻んだものと、パルメザンチーズの摩り下ろしを混ぜて出来上がり!


作った本人が言うのも何ですが・・・

めちゃ美味~
松茸の香りがパスタに移り、お味がトレビア~ン010.gif

松茸も豪快にざっくり大きめに切ったので、噛み応えがあり、美味しかったです。066.gif


やはり、松茸やトリュフって、こういうふうにシンプルな手法で食べるのが一番やね!

T子丼猫師匠ワタクシ064.gif3人分064.gif作ったのですが・・・

あいにく、この松茸をくれたT子丼は風邪で急遽欠勤042.gif

なので、猫師匠と2人でT子丼の分も食べました~

ありがとう、T子丼!美味しかったよ~!040.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-10-30 11:52 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(8)

スパムむすび~♪

ハワイ旅行記真っ只中、フライングしちゃいま~す!070.gif

今日のまかないで スパムむすび を食べました~060.gif

こちら、058.gifハワイに在住ののぶさんからいただいた、スパムむすび型!
a0136808_12103833.jpg


 (*のぶさんは後でハワイ旅行記に出ていただきます~) 

今回、ハワイに行くずいぶん前から、T子丼



a0136808_12541022.jpg

018.gifFumiさ~ん、スパムむすび、おいしいよ~♪ 絶対に食べて~!」

と念仏のように聞かされていたので






ブログでも

「スパムむすび食べるぞ~」

なんて書いていると、のぶさんがプレゼントしてくださいました056.gif
ありがとうございます~のぶさん!(ペコリ)040.gif

もちろん、今回の旅行中も試食も兼ねて、2回くらい食べました。

やはり、噂どおり、とてもおいしかったですー016.gif

簡単に作れる し、スナック感覚で食べられるのが、いいですね~。

さて、作りかたはいたって簡単。

スパムを用意し
a0136808_12301265.jpg


缶を開けて、スパムを取り出してまな板の上に置いて、薄くスライスします。
多分、5~7mmくらいかな。

a0136808_1232364.jpg


フライパンに油を少しいれて、スパムの両面を焼いて、フィニッシュにみりんと醤油で和えます。

スパムむすび型にご飯を入れて、形をつくり、焼いたスパムを上に乗せて、のりで巻いて出来上がりっ!
a0136808_12345732.jpg


写真では分かりづらいかも知れませんが、結構、大きなサイズなのですよ~

でも、食べだすとバクバク・・・あっという間に食べ終わります004.gif003.gif004.gif

ホント、スナック感覚でバクバクイケます。

こちらは家の事情で昼に1時間抜けた猫師匠が差し入れしてくれたたこ焼き
a0136808_12403480.jpg


a0136808_1316060.jpg

「えーっ!バンクーバーにもたこ焼き屋さん、できたんすか?」
と聞くと・・・

EBIーTENというジャパレスに売っているらしいです。

「冷凍のディープフライ(油で揚げた)のやつ~。」

「うわっ!邪道や!」

と人が買ってきてくれたものに・・・ホント失礼なワタクシー015.gif

食べもんに対しては直球でコメントしてしまう癖・・・気をつけます~040.gif

でも、食べてみると、

「あら、意外に美味しいじゃない。」

と第一声。

そう、意外にも美味しかった!

外はカリッと中は柔らかくふわふわしてた!

ま、油で揚げてるから口の中で油の味が残ったけど015.gif、揚げ加減は抜群!070.gif

B級グルメのEBIーTENさん、やるやんと思いました。

ここの天丼、食べてみたいなと思いました。

こういう、安くて美味しいレストランが頑張ってくれてると嬉しいですね~。058.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-10-09 13:17 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(8)

蕎麦サラダ

今週、ヴィクトリア・デイという祭日のため、3日連休!041.gif070.gif041.gif

なので、朝から、ゆっくりお風呂にはいり、この前買って来た松本清張の本を読み、超~リラックス!004.gif

それから溜まっていた洗濯、掃除をせっせとやっておりました。066.gif

やり始めると、止まらないワタシ。

今週の朝ごはん用のパンを焼きました。

a0136808_1338091.jpg


フレンチー、やはりパンの惑星からやってきたので、食べる量が半端ではありません・・・。毎週、6個大きいのを焼くのですが・・・週末には無くなってます・・・。ま、ワタシ達日本人で言うと米みたいなもんで・・・主食だから、しょうがないんだけど。喜んで食べてくれるので、作り甲斐はあります!

晩ごはんは、ワタシの姉がずいぶん前に送ってきてくれた蕎麦があるのを思い出し・・・

a0136808_13541657.jpg


前の日に職場のチーチー(←クリックするとリンクします!毎日、愛するご主人様のためにおいしそうな夕食を作っていらっしゃいます053.gif)が作ってきてくれた、蕎麦サラダが忘れられず・・・「今日も食べたい!」と思い、それを作りました。

チーチーにお礼のメールをしたら、速攻、ドレッシングのレシピを送ってきてくれたので、シェアーさせていただきたいと思います!040.gif

まず、

ドレッシングのレシピ

ニンニク 1~2片(お好みで)
しょうが 小さじ2
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ1
米酢 1/3カップ
オリーブオイル 1/2カップ

フードプロセッサーに、にんにく、しょうが、味噌、砂糖、米酢を入れて、にんにくとしょうがが小さくなるまでブレンド。そのあと、オリーブオイルもいれて、さらにブレンドしてできあがり!

フードプロセッサーがなかったら、ミキサー(ブレンダー)でもOK。

まず、蕎麦を湯がいて、冷水でよく洗い、ざるにあげておきます。

サラダのお野菜は・・・確か、チーチー、Kaleの湯がいたのを入れとったかな・・・039.gif

Kaleって何?

こんな野菜です。

a0136808_13573394.jpg


お店で見かけたことがある人も多いのでは?ワタシも見かけたことはあるけど、実際に調理をするのは初めて!

たっぷりのお湯に塩を入れて湯がきます。芯が噛める程度柔らかくなるまで湯がきました。

a0136808_144943.jpg


ボウルに、蕎麦、海老のむき身、Kaleの刻んだもの、人参の千切り、玉ねぎの薄切り(水にさらす)、香菜(セラントロ)、そしてチーチーのドレッシングを入れてあえるだけ!

a0136808_1484927.jpg


a0136808_14144056.jpg


お皿に盛って出来上がり!


肉肉星人のワタシ達夫婦。お肉が1品ないといけないので、ポーク・ローインにお隣のマーニーから教わったスタッフィングを上に乗せて焼きます。

スタッフィング・レシピ

玉ねぎ 1個(みじん切り)
セロリ 2本(みじん切り)
にんにく 2かけ
タイム お好み
セージ お好み(←ワタシはセージが好きなので、たくさん入れました)
チキン・ストック(ホームメイド)
バター(溶かしたもの)3/4カップ(180ml)
こしょう
パン粉 丼ぶり一杯(ワタシは冷凍庫にあったフォッカチャをフードプロセッサーにかけて作った)


フライパンにバターを少しひいて、玉ねぎ、セロリ、にんにくのみじん切りを中火でしんなりするまで炒めます。
残りの材料を全部たす。
スタッフィングがモイストじゃなかったら、お湯を足して、柔らかさを調整すること。

↓焼く前の状態 
034.gifポーク・ローイン、上に切り込みを入れて、スタッフィングのうまみが肉にしみ込むようにしてます!

a0136808_14131443.jpg


↓焼き上がった後の状態

a0136808_14173887.jpg


このスタッフィング、お肉に乗せて焼くと、お肉がジューシーなままでとっても美味しく出来上がります!あと、上はカリカリ、中はモイストとこのコントラストがなかなかいいのです!鶏の胸肉に乗せて焼いてもおいしいよ。

このレシピで作ると、たくさんできるので、ワタシは小分けにして冷凍保存して、必要なときに解凍して使ってます!

ポークをオーブンでローストするときに、猫師匠からもらったサツマイモがあったので、

a0136808_14291396.jpg


一緒に焼き芋もしました!

ホ~ックホクにしあがりましたよ~。

a0136808_14303174.jpg

a0136808_1432407.jpg


甘くてとっても美味しかったです~。



フレンチー、蕎麦サラダ、とっても気に入ってました!とってもサッパリしてるのに、ドレッシングがしっかりとした味なので、幾らでも食べれてしまいます。ロースと・ポークもとてもジューシーで美味しかったです。肉から出たソースをかけていただくとなおさら049.gif

a0136808_1434711.jpg


簡単なので、試してみてね。

Fumi



041.gif070.gif041.gif
[PR]
by ralamartin | 2010-05-25 14:37 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(8)

焼き豚

焼き豚を作りました~!

ブヒブヒ060.gif
a0136808_13184567.jpg


肩肉を使いました。

タレに丸1日漬け込んで、焼きます!

タレは、その時その時で違うのですが(冷蔵庫とか棚にあるものでやるから・・・残りもんで・・・)・・・

今回は

白味噌
しょうゆ(薄口)
しょうが(すりおろす)
にんにく(すりおろす)
たまねぎ(すりおろす)
りんご(すりおろす)
紹興酒
ごま油
ケチャップ
砂糖
はちみつ

で~す!
感覚で作ってくださ~い!(←料理に感覚は大事よ~!ゲッ?適当ってか?)


タレに丸1日か2日、漬け込んでください。
a0136808_13311674.jpg



大きな塊なので、3時間くらいでは、味のしみ込みようが足りませしぇん!(私的に・・・)

オーブン300F(150C)で


結構


長い間


ゆっ~くり


じっ~くりと焼かせて頂きました!
a0136808_13221539.jpg



どうだろう・・・2時間くらいかな・・・。


時間、かかるけど・・・

“私、待~つわ060.gif、いつまでも待つ~わ060.gif”(←懐かしいねぇ~)
a0136808_13302193.jpg



焼き上がり

a0136808_13214710.jpg



切り口は

053.gif053.gif053.gifハート型!053.gif053.gif053.gif
a0136808_13321593.jpg


私の料理に対するLoveが反映したみたいっ!!!


もちろん、フレンチーに対してもよっ!(←一応、言っとくだけ。ぎゃはっ!)

花に水、人に愛、料理は心~!
a0136808_13415987.jpg


焼き豚は、塊で焼いておくと重宝します!スライスして、ご飯と食べてもいいし、ラーメンといっしょに食べてもいいし、はたまたサンドイッチやハンバーガー、あるいは焼き飯にしてもOK。フレンチーも大好きで、いつもリクエストしてきます!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-12-03 13:43 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(2)
今日も、休みなので、

家でクッキング!

モロッコ・スタイル ラムと野菜のごった煮でーす!

064.gif064.gif064.gif材料064.gif064.gif064.gif

ラム肩肉 1kg (シチューサイズ。好みの大きさに切ってちょ!)
にんじん  2本
玉ねぎ  1個半
セロリ  2本
さやいんげん 1つかみ(15本くらい)
赤ピーマン 1個
なす 1個
トマト 2個
ズッキーニ 1本
しょうがのすりおろしたもの 大さじ2くらい(好みで少なくしてもいいです)
にんにく 大2片(これも好みで、多くしてもいいです)
赤唐辛子 2本
クミン(シード) 小さじ1(ワタシはパウダーしか持ち合わせてなかったので、パウダーを使いました)
トマトペースト 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2くらい

*野菜の切りかたは、写真を参照してくださ~い。(←アバウトなワタクシ!ホホ!)
a0136808_1459882.jpg
a0136808_14592212.jpg





056.gif056.gif056.gif作り方056.gif056.gif056.gif


まず、ラムに塩とコショウをしっかりふります。
a0136808_1531264.jpg




鍋にオリーブオイルをいれ、強火で肉の表面を脂身の付いた方から焼きます
a0136808_151644.jpg




しっかり、焼き色をつけることっ!
a0136808_15163813.jpg




しっかり焼き色が付いたら、お皿に戻す。
a0136808_15172860.jpg




余分な油は捨てて、こびりついた焦げっぽいものを水250ccを入れて、鍋の底をこそぎ落とす。この、焦げっぽいものは肉の旨みの宝庫なのだー!
a0136808_1520317.jpg





焼いた肉をお鍋に戻し
a0136808_1521362.jpg





水を2リットル入れて、しょうがのすりおろしたものと、にんにくをつぶしたものを入れる。
a0136808_1521484.jpg





そして、赤唐辛子、クミン、トマトペーストを加えまーす。
a0136808_15235010.jpg




強火にして、沸騰直前になったら弱火にして、アクや余分な脂取りをします!これ、大事ダスよ!
a0136808_15255994.jpg




弱火でコトコト30分から40分くらいしたら、まずは人参を入れます。
a0136808_15272355.jpg





更に、15分コトコト煮て、玉ねぎとセロリを加えまっす!
a0136808_15283924.jpg





そのつど、混ぜ合わせ、アク抜きをすること!



更に30分コトコト。そして残りの野菜を入れます。038.gifちょっと、鍋が小さかったべ・・・。
a0136808_15315170.jpg





更に30分煮込み、塩、こしょうで味を調えます!
a0136808_15333036.jpg




付け合せのクスクスを作り(箱でスーパーで売ってるので、そのレシピにしたがってねっ!(←またまたアバウトなワタシ!簡単よ。)
a0136808_15341146.jpg




できあがり~
a0136808_1536140.jpg
a0136808_15362461.jpg


アリサという、唐辛子ペーストをつけて食べます・・・が、もちろん、家にはないので・・・チャイニースのサンバル・オーレックをつけて食べました!

食欲がないときでも、サッパリとしていて、食べ飽きないシチューです。時間はかかりますが・・・手間はかからないので、作ってみてください!家庭で簡単にエスニックな味が楽しめますよ~!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-12-01 15:41 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(0)
友達のSさんからのリクエストで・・・

クラムチャウダーのレシピを載せまーす!

まず、材料から・・・・

ベーコン 100gくらい →5ミリ幅くらいに切ります

a0136808_14191041.jpg




玉ねぎ 約150gくらい→1cmくらいのダイスに切る
人参  約150gくらい→同じ
セロリ 約150gくらい(好みで・・・入れなくてもいい)→同じ
にんにく 約10gくらい→みじん切り

a0136808_14194848.jpg
a0136808_1420315.jpg


*材料の重さはだいたいの分量を理解してもらうために書きました。家庭の味に合わせて、お好みで・・・。

バター 約50g
油 約40g

クラム・ジュースと水をあわせたもの 1.5リットル(好みで、クラムジュースと水の配合はしてください)
クラムミート(貝の身)300g→身とジュースに分けます(注)ジュースは上のクラムジュースとあわせる。
a0136808_14263295.jpg


a0136808_14354967.jpg


バター 60g
小麦粉 60g →ルーを作る

クリーム(ホウィップクリーム) 150mlくらい
塩、こしょう、ローリエ、クミンなど


072.gif作り方072.gif

まず、大きな鍋にバターと油を入れます。中火ダスよ。

a0136808_1437335.jpg


ベーコンを入れます。中火でゆっくりと炒めます。(注)焦がさないこと!
a0136808_14391115.jpg


にんにくを入れます。
a0136808_14415064.jpg


少し炒めて(このときも色ずくほど炒めてはいけません!)、玉ねぎを入れ、ゆっくり炒めます。
a0136808_14425528.jpg


次にセロリ。同じ感じで炒めます。
a0136808_14441351.jpg


そして、人参を同じ感じでゆっくりと炒めます。
a0136808_1446627.jpg


ここで、白ワインを100cc入れてもいいですが、なければ入れなくてもいいです。
私は、無かったので、入れませんでした・・・。
入れた場合は、1/3くらいに詰めて、アルコールを蒸発させてください。

そして、クラムジュースと水をあわせたものを入れて・・・沸騰するまで待ちます。このときに、ガスの火を強にしてください。
a0136808_14492823.jpg

写真では、油がものすごく浮いている感じですが・・・沸騰するとアクとかいらない油分がでてくるので、アク取りの時、こういういらないものは、玉じゃくしで全部取りのぞきます!なので、心配御無用!
沸騰したら、ガスの火を弱火にし、アクを取ります。
a0136808_14525534.jpg

a0136808_14541718.jpg


この、アク抜きがとても重要なのダス!怠らないように!

ほぼ、アクを取り除いた状態。
a0136808_14535346.jpg


ここから、人参が煮えるまでとろ火で煮込みます。約30分から40分くらいでしょうか・・・。

スープを煮込んでいる間にルーを作ります!

鍋に、バター60gを入れます。(焦がさないように)
a0136808_1522282.jpg


そこに小麦粉を入れます。
a0136808_1504728.jpg


火を入れたまま、混ぜ合わせます。こんな状態になります。
a0136808_154115.jpg


でも、これでは、まだまだ、粉臭さが残るので、2分くらい弱火で色づけないように混ぜながら炒めます。
ルーのできあがり!
a0136808_1555243.jpg


3~40分後・・・

人参も柔らかくなり・・・
でも、煮汁が結構減っていたので・・・
私はお湯を足しました。
a0136808_158265.jpg


ここで、切っておいた、ジャガイモのダイスを入れます
a0136808_15163330.jpg


そして、貝の身(クラム)を入れます。
a0136808_1517934.jpg


ルーを作った別鍋にスープの液を少しいれ、ルーとなじませ・・・
a0136808_15175284.jpg


スープの入った鍋に戻して、混ぜ合わせます。
a0136808_15182712.jpg



クリームを入れ、沸騰させて、濃度を自分の好みに調節してできあがりっ!

a0136808_15194366.jpg


私は、濃度が適度な方がいいので、ルーはこれくらいしか入れませんでしたが・・・もっとモッタリと濃度の濃いのがよければ、もっとルーを作って足してもいいでしょう。ルーは基本的に、バター1に対して小麦粉1です。


Bon appeti!001.gif
a0136808_15251961.jpg



Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-11-23 15:26 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(4)
この間、友達のY子に会ったとき、仕事のことで悩んでいたようで・・・

元気がありませんでした・・・。

a0136808_13344221.jpg



人生、いろいろある・・・

いい事ばかりあるといいけど

そうじゃないときだってある!

それが人生。

C’est La Vie・・・ダス。

嫌なことがあるときほど

大きな口を開けて笑いましょう!

わっはっはー!

a0136808_13414436.jpg



・・・って言ったって・・・

悩んでる本人には、そんなに簡単なことじゃないっすよねぇ~。





元気になってもらおうと思って、

彼女の大好きなCoq au Vinを差し入れに持っていこうかなと・・・思いまして・・・

作りました。

ワタシの大好きなフランスの家庭料理の一つでもありますので・・・

いっそのこと、ブログにも、レシピを載せようと思いまして・・・。

Coq au Vinは前日から、仕込みに入ります。

それは・・・

マリネをしないといけないからです・・・。

カジュアルフードなのに、結構、手間がかかるのダっ!

3時間くらいでマリネを終わらす人も居るかもしれませんが・・・・・

このマリネが意外に大事。

最低、一晩はしたほうがいいでしょう。

ワインの味のしみこみ方が変わってきますからね。

では、

(一日目)

*鶏腿肉10ピース
     胸肉とかは、ばさばさになるので、腿肉で。本来、Coq、年をとった雄鶏を使いますが、腿肉で     OK.


a0136808_1413319.jpg


*たまねぎ(大)1個(薄切り)、
 人参1~2本(輪切り)、
 セロリ2本弱(1センチ巾くらいに、ザクザクっと切る)
にんにくの砕いたもの(バンクーバーで見かける小ぶりのなら、4片くらい、日本にある大ぶりのは1片
 ローリエ 1枚


a0136808_14132963.jpg


赤ワイン 750ml(ドライの赤で。高くなくてもいい)

a0136808_14165750.jpg


これらを大きなボウルに入れて漬け込みまーす!できたら、丸1日!

冷蔵庫に保存してね。

a0136808_14183215.jpg
a0136808_1418428.jpg


これで、仕込み終了。

(2日目)
はい、これが、マリネできてる鶏腿肉ダス。

こんな感じで・・・
a0136808_14205752.jpg


ベーコン、約100gをこんな感じに切ります・・・

a0136808_14212218.jpg


マリネした肉と野菜とマリネの液をこんなふうに分けます。

a0136808_14213750.jpg


鍋に、油とバター、各大さじ1ずつくらい入れます。

a0136808_14214697.jpg

  
そして、塩とこしょうをつけた鶏肉を皮の側からソテーします。

a0136808_14263551.jpg


片面に焼き色が着いたら、ひっくり返して、反対側をソテー。

a0136808_14265296.jpg


そして、両面に焼き色がついたら、別のトレーに取っておく。


余分な油は全部捨て・・・

こんなにも、余分な油が出るのです!

a0136808_1430497.jpg


(余分な油を捨てた後)ベーコンを入れて、炒めます!鍋のそこがすごく焦げてるように見えますが・・・
これは、お肉の旨み。そのまま、使いましょう。どうしてもイヤなら、別の鍋を使ってください。

a0136808_142836100.jpg


(マリネ液と分けた)野菜類を炒めます。
a0136808_1429249.jpg


野菜類が少ししんなりしだしたら、小麦粉大さじ2強をふり入れ、さらに炒めます。このとき、炒め足りないと、味が粉っぽくなる恐れがあるので、5分くらいじっくり炒めてくださいネ。
a0136808_1436294.jpg


そして、ソテーした鶏肉を入れます。
a0136808_14361743.jpg


マリネ液も入れまっす!
a0136808_14363696.jpg


鍋に蓋をして、とろ火で煮ます。
ふつふつとしてきたら、アクや余分な脂分が出てきます。
それを根気よく、玉じゃくしで、アク抜きをします!
ここを、怠ってはいけましぇん!アクは、いらないもの。お鍋からちゃんと処分してあげないといけません。

a0136808_14365025.jpg


1時間くらい煮込んで、アク抜きも頻繁にし、出来上がったら、まず肉を別のお皿に取り出し、ソースをざるで漉して、ソースだけ鍋に入れます。ソースが、まだ、シャバシャバ状態なので、いい濃度になるように、ルーで濃度を調節します。

ルーとは、同量のバターと小麦粉をクッキングして作ります。粉の味がしないように、やはり、ルーも、5分くらい時間をかけて、鍋でクッキングします。

a0136808_1437543.jpg


出来上がりは、こちら!安もんのドライ赤ワインと一緒に食べます!

a0136808_14372490.jpg


付け合せは、グリーン・ピーのパッパデレ・パスタと冬野菜のローストです。

a0136808_14373970.jpg
a0136808_1437508.jpg


シンプルだけど、とても、おいしいダスよ~。

もともとは、フランスのブルゴーニュ地方の

a0136808_14542694.jpg


農民の食事・・・

a0136808_14561540.jpg


硬くて誰も食べない、雄鶏の肉を・・・

その辺にある、いつも飲んでる安いワインでマリネして・・・

やらかくして食べる・・・

そんな、貧しい農民の考案した傑作!

やっぱ、フランス人の職に対する執着はすごいっすね!

Y子~、これを食べて、少しでも元気になってね・・・!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-11-17 14:58 | レシピ 料理 | Trackback | Comments(6)