バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:できあい物( 4 )

ずいぶん前の話なのですが・・・

といっても、今月始めの話。

11月にコンペティションでスイスに行ったときに、一日だけ自由時間があったので、40分かけてチームメンバーの何人かとチューリッヒを訪れたときに、Teuscherの本店に行きました。

さすが、老舗、なんだか、外からでもその威厳を感じられました。

人が並んでたとか、そういうのはなかったけど、店の風格は余裕。

でも、高いんだよ~。

スイス全体が物価が高いんだけどね。

しかし、せっかく、スイスのチョコレートの名店に来てるから、チョコレート・バーと有名なシャンパントリュフを買いました。

チョコレート・バーはお土産に、Cさんにあげたのに、一口もらいました。
そのとき、食べた感想は、なんとも言えない美味しさ!今までに食べたチョコレートの中で一番美味しいと心から思いました。
なんか、とてもデリケートな味で、なんていうかな~『食べて食べて!私、美味しいのよ!』っていう、自己主張の強さがなくて、静か~にしみじみと美味しいの。
なんか、威厳とプライドをチョコレートから感じられる。
それが、感想でした。

で!

貧乏だから、シャンパントリュフ16個入りを買ってきて、ニューイヤー・イヴに食いしん坊仲間と集まったときに食べよう!ということで、Kさんの家に持っていったのですが・・・みんな風邪が治ったばかりとか、風邪をひいていまひとつ本調子じゃなかったので、分けっこして、それぞれのカップルが持って帰りました。

私たちも6個持って帰ったのですが、私の方が完全に風邪でダウンしていたので、3日間くらい何も食べれなかったし、食べる気もしなかったのですが、フレンチーが『Fumiやん、あのトリュフ、すごい美味しいぞ~!わぁ~!わぁ~!』とあまりにも言うので、5日目くらいにやっと、『あ、Teuscherのシャンパントリュフ、食べな!』という気力が沸いてきました。
a0136808_16011814.jpg
開けるところに、創業80年って書いてある。
                
a0136808_16034505.jpg
すごいな~。

中を開けると・・・
a0136808_16071209.jpg
ありゃ?

・・・・・・

1個しか無いべ・・・。

フレンチーにやられた・・・015.gif

信じられへん・・・

ま、しょうがないか・・・美味しいものを見ると、何も見えなくなるのよ、フレンチーは。
彼の場合は『恋は盲目』じゃなくて、『美食は盲目』
何も見えなくなります、本当に。

とにかく、一粒を味わっていただきました。
a0136808_16112923.jpg

a0136808_16120041.jpg
中のシャンパンクリーム、なんと、あのドンペリを使っているらしいです。

このトリュフもチョコレートバーと同じく、
『私、私、食べて!美味しいやろ!ドンペリで作られてんねんで~。すごいやろ~。』
という自己主張の強さがまったく無く、これまた、静かにお上品に美味しさをかもし出しているトリュフでございました。
とってもデリケート~。
スイス人のチョコレートのゆるぎないプライドを感じた。

少しというか、かなりお高いけど、価値ありの品物です。

あぁ~、また、食べたい~。

東京にあるみたいだし、あと、北米ではシカゴとニューヨークにあるようです。
ニューヨークのはロックフェラー・センターのところにあるのは知ってたけど、なんとなく入りづらくて、行ったことがなかったのですが、今度NYに行ったときには、絶対に行ってチョコレートを買う!

食べたことが無い人がいたら、ぜひ、試してみてくださいね。

今まで食べた中で一番美味しいトリュフです。

Fumi


















[PR]
by ralamartin | 2014-01-30 15:58 | できあい物 | Trackback | Comments(6)

冷凍メロンパン

バンクーバーは、アジア人がとても多く住んでます。
特に中国系の移民が多い。
なので、アジア系の食材はもとより、日本食の食材なんかも大手の中華系スーパーで難なく手に入ります。
T&Tという中華系スーパーは寿司、菓子パン、惣菜、肉野菜魚介類、お菓子、日用品などなど、大体のものが日本のスーパー並みにそろってます。
朝電車通勤の時に食べる菓子パンが欲しいなーと思って行ったけど、見切り商品として売ってて、ランダムに色々な菓子パンを5ー6個袋詰めにしてて、私が食べたくないパンも混ざってたりして、さんざん悩んだ挙句買いませんでした。
でも、朝ごはんに欲しいなーと思ってそのまま買い物を続けてたら、冷凍食品エリアでこんなものを見つけました??

a0136808_16213735.jpg


なんでも、オーブントースターで2分温めるだけとか・・・。
子供の頃はメロンパン好きだったけど、今はそうでもない。
それでも、オモシロそうだから、試してみようと思って買いました。

袋を開けてビックリ!

パ、パ、パンがめちゃんこ小さいっ!
018.gif「一口サイズやんけー」
と思いながら、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。
バンクーバーに住んで今年で15年になるので、もう、食べる量とサイズの感覚がおかしいです。
a0136808_1624714.jpg

a0136808_16243478.jpg

オーブントースターはないから、オーブンで温めました。
多分、3分くらい。
綺麗に焼けております。
a0136808_1625413.jpg

さて、お味のほうはどうでしょう~?

うん、外はカリッと、中はしっとり、焼きたてなので温かかったです。
日本の製品だし、冷凍物のメロンパンにしては上出来です。
さすが日本やわぁーと感心しました。

やっぱり、日本の製品はすごい!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2014-01-10 16:18 | できあい物 | Trackback | Comments(4)
ワタクシ・・・

大手のスーパーに行くと・・・

a0136808_1551081.jpg


いつも目を光らせております・・・

a0136808_156039.jpg



カナダの消費者がどのようなものを、日常生活の中で食べているのか!


ヨーグルト、ジュース、スナック、フルーツ、野菜、肉、シリアル系から、パン、レトルト物、冷凍食品・・・

でも、一番、気になるのが

やはり・・・


スイーツ系!ダス


a0136808_15142212.jpg



先週の日曜日に・・・

いつものように食料の買出し、プラス、消費者チェックを乳製品のあたりでしていると・・・

アジア系の親子が、すごく興奮した様子で、

" どうする~?どっちにしようか~。これも、おいしいよね~、でも、Papaはクリーム・ブルレが好きよね~。・・・んーっ!じゃ、両方、買おう!”
a0136808_15212113.jpg


と弾んだ声で話してるではないですか!

”何事じゃ?”
a0136808_15262946.jpg


と思い、よくよく観察してみると・・・・

プレジデント・チョイスという、そこのスーパー独自のブランドがあるんですけど・・・

そこの出来あいのクリーム・キャラメル(プリン)とクリーム・ブルレのどちらにするかを、話し合っていた親子だったのダス!


結局、この親子はプリンとクリーム・ブルレ両方を買い物のカートに入れてました。

ものすごく、興奮した様子でいらっしゃいました・・・。

a0136808_1536462.jpg



で・・・

今週の日曜日に、あの、プレジデント・チョイスのプリンとクリーム・ブルレの売り切れ度、人気度を確かめてみると・・・

見事・・・

プリンがダントツで売り切れておりました!



やはり、皆さん、プリンちゃんの方が好きなのね・・・・。

うちの職場のバッフェでも、お客様の好物は、やはり、プリンだす・・・

老若男女の人気商品!!!

a0136808_15424037.jpg





ここは、消費者がどんなものを食べているのか、試したくなったワタシ・・・。

そして、プレジデント・チョイス・ブランドがどんな風にしてクリーム・ブルレを売ってるのか気になりまして・・・

買いました!

a0136808_1546359.jpg


中に、キャラメルのパウダー状になったのが、別の袋に入っていて、

それを、こんなふうに、クリーム・ブルレの一面に広げます。

a0136808_15475058.jpg


そして、オーブンのブロイラーを高温にして、こんなふうにキャラメル色に焼きます!1分くらい。

a0136808_15492348.jpg


そして、出来上がりました!

a0136808_1550376.jpg



さて、肝心のお味の方は・・・


これが、意外においしかったのです!

クリーム・ブルレにしては、軽い味でしたが・・・本来のクリームブルレは、もっとクリ~ミィ~。でも、出来あいのものにしては、上出来だと思いまっせー!また、買って食べてもいいと思ったダス。1パック2つ入りで4ドル。値段も、まあ、悪くない。高くも無く・・・安くも無く・・・手ごろってとこでしょうか・・・。この入れ物も、ガラス製でできてて、“結構、頑丈だから、また使えるな・・・” と、おばはん、こういうところもしっかり考えてますダス!フレンチーは、この入れ物をコレクションしたいと言ってました・・・。乙女じゃないんだからさー、コレクションはやめてー!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-11-18 16:00 | できあい物 | Trackback | Comments(8)
先週のいつだったか・・・Gourmet Warehouse で買った、冷凍のチョコレートクロワッサン。この左側の茶色い箱のやつ。クロワッサンが、焼いてない状態で入っていて、それを自分で醗酵して焼くというもの。
a0136808_0382112.jpg

早速、中の箱を開けて、“ヨッシャー!焼いて食べるゾー!”と思い、ベーキングシートに感覚を空けて、チョコレートクロワッサンちゃんを乗せました・・・
a0136808_0441638.jpg

一応、説明書を見ると・・・“室温で8時間、醗酵してください。” と書いてあるではありませんか!この時、時間は夕方の4時。夜中の12時に焼いて食べたくないよー。どうせなら、朝に焼きたてが食べたいと思い・・・ "よっし。ほな、寝る前に(夜の11時か12時頃)外に出して寝よか。” と自分の中で納得させて、そのときはひと段落。ベーキングシートに並べられたチョコレートクロワッサンちゃんを、醗酵させないため、冷蔵庫に夜の11時まで一時待機させることに・・・しかし・・・案の定・・・ハイ、忘れっぽい私は、そのまま冷蔵庫に入れ忘れました。次の日の朝、チョコレート・クロワッサンを楽しみにしていたフレンチーが、私よりも早く起きて、おまけにオーブンまでオンにして “Fumiやん、ショコラ・クロワッサン(フランス訛りで、チョコレートがチョコラになる彼) 焼いてもいい?” と。寝起きの私は、“おーっ!昨日、寝る前に室温に戻すのを忘れた!ダメダメ。これは、室温で8時間か2倍のサイズになるまで醗酵させなあかんから、まだ、焼いたらアカン。”と言うのに・・・食べたくて仕方のないフレンチーは・・・“大丈夫だよ。焼こうよ。”と。私は、ちゃんとした工程を経て、ちゃんと食べたいので “アカン。” の一点張り。そこで、どうしても食べたいフレンチーは、すでに温まったオーブンに入れているではないですか!そこで・・・またまた、横山のやっさん状態になった私・・・“おのれ、何してんねやー!焼くな言うてるやろ!”と。私もガンコですが、フレンチーもガンコ(私たち、おうし座カップルで~す!)“醗酵をしてるんだよ!このほうが、早く、醗酵するんだ!”と。 私:“醗酵いうもんは、湿気も伴わなあかん。オーブンだけだったら、ドライすぎて、上手いこと醗酵せんのじゃ!” それでも、つべこべ自分を正当化しようとするフレンチー。寝起きがそんなに良くない私は、特に食べ物のことだったし、怒りの頂点に達した私は・・・大声で “YOU JUST CAN'T DO ITーーーー! 031.gif(アカンいうたら、アカンのじゃーーーー!)”と言い・・・一件落着(?)しました。フレンチーは、プンとして二階に上がっていきました。ちょっと、怒ってるね~。でも、クロワッサンをおいしく食べるのが大事じゃん!君も焼きあがったら、理解してくれるよ!すまん!と思いながら、チョコレートクロワッサンが醗酵するのを待ちました。すでに前の日から冷蔵庫で解凍していたので、醗酵はものの4時間ほどで終わり・・・醗酵中も部屋中にいい匂いがすでにしておりました。一応、オーガニックと書いてあったので、ヘンなものは材料に使ってなく・・・それなりのバター、小麦粉、イーストの匂いがしました。醗酵が終わった状態。ちゃんと、2倍の大きさになってるでしょ。
a0136808_18205.jpg

指示通りのオーブンの温度にセットし、クロワッサンちゃんに卵を塗り、焼くこと20分くらいでしょうか・・・出来上がりました!
a0136808_191931.jpg

んーっ。いい香り018.gifバターの香りがする・・・って当たり前だけど・・・ここバンクーバーでは、なかなかおいしいクロワッサンにありつけないのです・・・。Thomas Haasのはおいしいけど・・・ノースバンクーバーまで、それだけのために行ってられないし・・・。
a0136808_112741.jpg


一個、速攻、食べてみました。“なかなか、イケルやん。バターの味もしてるし。やっぱ、Thomas Haasのほうがおいしいけど、これでもOK。また、買おーっと。” と思いました。いい匂いに誘われて・・・ふてくされたフレンチーが降りてきました。“おー、フレンチー。このクロワッサン、なかなかイケルでぇ~。” と言うと、フレンチー “日本人にクロワッサンの何が分かると言うんだ。オレはフランス人。クロワッサンと共に育ったんだ!日本人のお前がクロワッサンを知って何年になる!フンっ!”とさっきの腹いせに、私に嫌味を言いながらささやかな反抗をしておりました。 私:“じゃ、いいよ。食べなくても。”と言うと、“オレが味見をしてやる。まずかったら、タダじゃおかねーぞ!”といいながら、一個奪い取るように食べてました・・・“おーっ!なかなかおいしいじゃないか!悪くはないぞ!”とおいしさに、さっきの喧嘩のことも忘れ、今度行ったら、もっと買おうと一人で盛り上がっておりました(←単純な男)。は~、やれやれ。ねっ、ちゃんと工程を経て焼いたら、おいしいだろ。喧嘩をしてまでも、ガンコにちゃんと醗酵して焼いてよかった~。うちのフレンチー、カナダ人はファスト・フード社会(マクドナルドなど)で、料理を待てない・・・って批判してるくせに・・・自分もやん!と思わず突っ込みたくなりましたが・・・・。ハイ、おいしいものにありつこうとするときは、待たないといけないこともあるのよ~。
もし、Gourmet Warehouseに行かれることがあれば、試してみてください。結構、イケますよ。その辺のバンクーバーの変なベーカリーで買うよりは全然おいしいです。でも、Thomas Haasのほうが、おいしいですけどね。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-10-07 01:34 | できあい物 | Trackback | Comments(4)