バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 19 )

嬉しい再会

お久~♪

最近は、なかなかブログをアップしないのも開き直ってきた・・・。

なんだか、時間が経つのが早くて早くて!

気がついたら、時が過ぎていた・・・という感じなんです。

こうやって、歳を取っていくのね。

でも、充実してるってことでいいか。ね!


さて、今回のブログのお題、"嬉しい再会”・・・
ちょっとしっくりとくるお題が見つからなかったので、このような題になってしまった・・・

とても親しい人との再会という意味ではなくて、一度お目にかかったことがある方と、思いがけなくお会いできる機会があったという意味なんです。

なんだか、長ったらしい説明になりましたが、この間、オクトパスで25人ほどのパーティーがあって、そのデザート・ビュッフェを作るように頼まれました。

そのパーティーは、4月に亡くなられた勝見洋一さんを偲ぶ会で、前妻の桐島洋子さんも来られていました。

桐島洋子さんと言えば、とても自由な発想の持ち主の方で、実はワタクシ、昔からファンだったのです♪

20ウン年前の、ワタクシがまだ花の女子大生だった頃、同志社女子大学の学際のイベントかなんかで、
『桐島洋子さん、ノエルさん親子トークライブ!』
みたいなのがあって、それを、友達と見に行ったのです!

漫才師顔負けのテンポの良いトークで、とても楽しく拝見させていただいたのを覚えてます。
そして、『女性として、こういう生き方もあるんだ!』と強く感銘を受けたのです!
大学3年生の私は、このまま、社会の波に乗って、就職活動をしてどこかで仕事を見つけて、入社して、結婚するなんていう無難な生活をするか、それとも、昔から行きたかったアメリカに1年だけ留学して、違う人生経験をもつか、悩んでいたころだったんです。

このままでいいのか?

と毎日思っていて、それで、桐島洋子さんとノエルさんの親子トークライブを見に行って、

『そう、そうやんな!やっぱり、人生、冒険せな!』

と決心して、親に内緒で大学を1年休学して、アメリカにも留学(遊学?)して、今に至っております。

だから、桐島洋子さんとノエルさんのトークライブは私の生き方にものすごい影響を与えていると言っても過言ではないのです。

そんな、私にとっては、思い出というか、とても大切な方々とこんな形で再び会えた事、『再会』がとても嬉しかった。

しっかり、写真も一緒にとっていただきました。
a0136808_14424171.jpg
うちの父と同い年の桐島先生。
お年を感じさせないくらい、とてもお美しくいらっしゃいます♪
お肌も綺麗~。
立ち振る舞いも素敵で、『あぁ~素敵。こんな風な貴婦人にならないと!』と思いました。
スピーチをされてるときも、やはり、相変わらずテンポがよかったです。すごいな~。

娘さんのノエルさんもいらっしゃって、またまた、写真をお願いしました。
a0136808_14480883.jpg
お顔が小いさいこと!私の半分だ!
やはり、ノエルさんも変わらずお綺麗で、やっぱり、有名な方って、オーラが違うわって思いました。

20うん年前の記憶が蘇ってきて、ちょっと感無量な日でした。

夢をもって頑張ってた頃に、桐島洋子さん&ノエルさんに、一観衆ではありましたが会って、また、こうやって、長い歳月を超えて会えて、初心に戻って、ピュアな気持ちでこれからも夢に向かって頑張るように神様が示し合わせてくれたんかな~なんて勝手に思ってます。

嬉しかったな~。

肝心のデザートビュッフェの写真は撮るのを忘れてました(爆)

Fumi



[PR]
by ralamartin | 2014-06-20 14:37

ケベックにおりまーす♩

昨日からケベックにおります。

Team Canadaのみんなと一緒です。

モントリオールじゃなくて、なんか、カナダの首都のオタワのすぐ近くの、橋を超えたガトノー?って発音するんかな?にいます。
行く直前までなんて発音するのか分からなくて、「Gで始まる、オタワのすぐ近くのケベックの街」って言ったら、「あ、ガトノーのことだね。」って職場の人は言ってました。

夜中に着いたから、暗くてあまり何も見えなかったです。


バンクーバーからオタワまで直行便。

4時間ちょっとかかったかな。


カナダって広いわ。


同じ国内で飛行機で、直行で4時間プラスよ。


そして、バンクーバーとオタワの時差が3時間だから、いきなり時差ボケ。


今日はみんなで寝不足です。

昨日の夜ご飯
a0136808_06295103.jpg
夜遅くに着いたから、ルームサービスもなくて、近くにお店があるわけでもなく。。。
フロントデスクで売っていたサラダを買って部屋で食べました。

不味くはないが・・・愛のないサラダでした(爆)


Fumi
[PR]
by ralamartin | 2014-05-29 06:34
ホントに久しぶりのフレンチーと夫婦de旅行~070.gif

私はコンクールとかお菓子のコースをとりに旅行に行きましたが、フレンチーはゼロ。

018.gif『一人でどっか行ったら~?』

と言うのですが・・・

022.gif『Fumiやんがいない旅行なんておもしろくない!』

というので、いつも家でお留守番だったのですが・・・

急遽、近いけど意外に行ったことがなかったサンフランシスコへ小旅行が決まりました070.gif

サンフランシスコと言えば、どこかへ行くときに、違う飛行機に乗り換えるため、空港にしかいたことがありません。
だから、街の様子とか皆無。
この歳になるまで行ったことがなかった~。
フレンチーもしかり。

なので、行くまえから二人でとても楽しみにしてました。

私たちの大好きなカリフォルニア・ワイン069.gifの宝庫、ナパ・バレーもあるし~。

4泊5日の短い旅なので、3泊はサンフランシスコに、1泊はナパ・バレーに決定。

何せ初めての場所なので、どこが見所なのかとか、さっぱり分からない。
何年か前に金魚ちゃんとサンフランシスコに旅行に行ったAyaちゃんがガイドブックを貸してくれたり、お薦めの場所とか教えてくれました~(いつもありがとね~!)

さて、今回はカナダの国境を越えてすぐの街にある、べリンガム空港から、サンフランシスコの郊外のオークランドという街に着く、激安の航空券を買って行きました。

カナダからだと税金のせいでめちゃんこ高くなるのですが・・・アメリカからだと約半額くらいで行ける。
ラッキーなことに、国境からそんなに離れていないところに住んでいる私たちはそういう特権を使わずにはいられません!

出発の日は朝も早かったし(朝2時起き)、その週はYoYoと2人でWorking like dogsだったので・・・(普通は4人体制が、1人は新しく入る人でその週は働いてない、もう一人は火傷でダウンのため、2人分のシフトカバー)ヘトヘト~。よりによって、結構忙しい週だったし、母の日のブランチもあったし、てんてこ舞い。

なので、空港の写真を撮る心の余裕無し015.gif

初めてのオークランド空港も、この郊外の空港からどうやってサンフランシスコ・ダウンタウンに行こうか考えてたので、写真を撮る余裕なし015.gif

べリンガム空港はめちゃしょぼい空港でした。
バゲッジ・クレーム・エリアも一つしかないし・・・
でも、ちょっとづつ大きくなってるみたいで、工事とかしてたよ。


オークランド空港は結構新しくて、頑張ってるな~って感じの空港でした。
お店とかもちゃんとあったし、べリンガムよりも空港っぽかった(笑)。

さて、べリンガム空港から約2時間でオークランド空港に着き
『さてと、どうやってサンフランシスコへ行くべ?スーパー・シャトル(乗り合いバン)?それとも空港バスみたいなんあるんかな~。最悪高いけどタクシーか・・・』
なんて考えてました。

NY旅行のときは、いつもスーパー・シャトルかGOっていう違う会社の乗り合いバンに乗るのですが・・・
前もってオークランド空港の情報を調べても、あまりダウンタウンまでの交通情報がなくて、
『ま、行けばどうにかなるか。アメリカだし、どうにかなるやろ。』
ということで、とにかく行き当たりばったりで。

で、外にでると、シャトル(乗り合いバス)が。
『サンフランシスコまでお願い~。何ぼ?065.gif
と聞くと、
『2人で63ドル』
世間知らずのフレンチーは
『オッケ~』
なんて乗ろうとしてましたが、おばはんの私は
『は?$63?考えさせて。そんな高いんやったら、タクシーに乗るわ!フレンチー、コレには乗らへんで!』
とそのバンを後にしました。

で、ちょっと歩くと、NYでいつも乗っているスーパー・シャトルが!
NYのスーパー・シャトルは最初の一人は23ドル(正規料金)、連れの2人目からは値段が半額くらいになるはず。
スーパー・シャトルのところに行きました。
すかさず、『何ぼ065.gif?』
『$58だよ。』
まだ、高いやんけ!
『え、高い!』
と言うと、
『じゃ、$54ドルにしとくよ。』
バカ野郎!それでも高いやんけ~!
『そんな値段やったら、タクシーに乗るわ!』
と、また捨て台詞を言ってその場を去りました。

033.gif033.gif『私たちが日本人とフランス人の観光客だと思ってぼったくろうとしてるんや!ムカつくー!』
と怒り心頭。

交通費が意外に高くて、やっぱ、郊外の空港はこれがなぁ~なんて思っていると・・・
人が並んでいるところがある・・・

なんだか、Bartとかなんとか書いてある。
皆、切符を買ってるみたいだし、すかさずその辺の人に
『Bartって何?』
って聞くと・・・サンフランシスコまで行く電車とのこと。
まだ空港から電車が出てないので、一番近い駅まで行く『Air Bart』というバスで最寄のBartの駅まで行かないと行けないとのことでした。

a0136808_1465866.jpg

(写真はお借りしました~)

な・る・へ・そ。

朝早く着いたから、時間はあるし、フレンチーと『冒険がてらにコレに乗って行こうか!』ということに決定。

なんだか、わけの分からないまま、並んでAir Bartに乗りました。

そして、何分か後かに、最寄の駅Coliseumに着きました。
そこでAir Bart(ま、いわゆるバスね)から降りて、サンフランシスコへ行く電車に乗らないといけません。
まずは切符を買わないといけなかったんだけど・・・この券売機っちゅうんが、ややこしゅーて!
013.gif『なんやねん、これ!』いうくらい、わけの分からんやつやった。
普通、どこいってもさ~、値段のボタンを押すだけにしてくれてるやん、でも、このBartの券売機っちゅうんは、払ったお金を差し引くボタンを押さなアカンかってん!

こんな、券売機、見たことありますか?

多分、私が言ってることがさっぱり分かれへんと思いますが・・・分からへんほうが、普通やと思います。



こういうことです

私たちが降りるサンフランシスコのPowell駅は$3.75です。
機械に$5札を入れました。
機械のボタンの“Substract(マイナス)1ドル”のボタンを1回、
“Substract 5セント” のボタンを3回押さないといけません。

こんなややこしい券売機、見たことある~~~?

計算せなあかんし~自分で。

『北米人、計算苦手なんちゃうんかい?』って思わず突っ込みたくなったけど。

最初、20ドル札を入れてたから上手くいかなくて、イライラの頂点に。

どうも、この機械、10ドル以上のおつりはでーへんし、1枚ずつしか買われへんし、なんとも非効率てきな券売機でございました040.gif

ま、でも、オークランド空港から私たちが滞在するサンフランシスコのダウンタウンまで、一人$6.75x2=13.50とかなり安くで行けたので、いろいろドタバタがありましたが、良かったです。

あのまま、シャトルに乗ってたら、50ドルも損失!

あんなにイライラしてたけど、すごく得した気分で二人でご機嫌さんで、サンフランシスコの旅は始まったのでした~041.gif041.gif



Fumi
[PR]
by ralamartin | 2013-05-24 12:50

クリスマス・ホリデー♪

うぉおーーーー!

気がついたら1ヶ月以上ブログ放置!

今年は忙しさにかまけて、ろくに書いてない・・・(汗)。

コンペもあったし、部署も移ったし、なんだかごたごたしてた1年でした。

料理のほうに移って、でも、コンペはお菓子のほうをやってたので脳みその切り替えが大変だったな~。

料理のほうは、ハフ式スパルタだったし~。

でも、あの短いあいだで結構学んだし良かった。

ここで、報告・・・といっても大したことでもないのですが・・・

来年1月1日から(もうすぐですね)パティシエに戻ることになりました。

理由は色々あるのですが、2つの大きな理由でそういうこととなりました。

1)私が去った後、会社の方針に合うシェフ・パティシエが見つからないこと。
2)私が頑固なので、レストラン・シェフは辞退したいと申し出たこと。

やはり、レストランというのは、一人でやっているのではなく、やはりフロント・オブ・ハウス(日本ではホールっていうのかな?)との連携がとても大事です。
でも、それが、上手くいってないし、これ以上やっても上手くいかないと1ヶ月やったころにわかったので、私も自分のエネルギーと時間を無駄にしたくないので、早めにハフ王に手を引きたいことをそれとなく、少しづつ言っていたのです。
やはり、自分の理想するものがあって、それに到達するには会社としてやっていくには無理とわかったのです。
ハフ王(シェフ)は、私がそれもコントロールしたらいいっていうけど、そこまで介入して身内で敵を沢山つくってやっていく価値があるのか?っていう疑問もあるし。
それが自分のビジネスなら別だが・・・。
なので、なじみのあるお菓子に戻って、やはりそこから自分の時間を作って自分のこれからを見つめて行こうと思ったのです。

この決断をしたことで、安心してる人のほうが意外に多かったのには驚きました。

ハフちゃんしかり、セールスの人たち、フロント・デスクのマネージャー、友達、そして旦那さんのフレンチー。
心配かけちゃったな~。

面倒臭いからブログの名前もそのままに放置してたけど(爆)、それで良かった。
何かの暗示だったんだね、最初から。
でも、料理は大好きなので、私の料理の世界はお友達を招いたときに表現していきたいと思います!

****************************************

今年のクリスマスはクリスマス・ディナーを我が家で作りましたよ~。

フレンチー、テナントのJFの3人で飲んで食べて楽しく過ごしました♪

a0136808_1426231.jpg

朝からラビオリの仕込み。
麵が残ったのでリングイーネも作りました♪

a0136808_14273897.jpg

せっかくクリスマス・ディナーをやるって張り切ってたのに、シャンペーンを買うん忘れてたぁーーー!

フレンチーが

『心配するな、同じバブルや!』

と急遽ビールでハッピークリスマ~ス024.gif068.gif070.gif

a0136808_14293221.jpg

アミューズ・ブッシュにエビフライを作りました。
唐辛子アイオリを添えて。
簡単に言うとアイオリとは、ガーリックが入ったマヨネーズのこと。
エビフライがプリッとサックリして美味しかった~
唐辛子マヨもピリッとしてて、良いキックしてた。

a0136808_14423094.jpg

ほんま、一つのことにしか集中できひん自分に呆れるー
料理とワインのペアリングのこと、忘れとったー!
野菜、シーフードのアペタイザーなのに、赤ワインしか用意してなかったーっ015.gif
JFが赤でも軽めのPino Noirを持ってきてくれてたから、アペタイザーはこれで乾杯~069.gif
カリフォルニアのワインで、これがまた美味しかった~010.gif

a0136808_14463270.jpg

カボチャとホウレンソウのラビオリ、
アーモンド・ミルクで作った軽いベシャメル・ソース、ジンジャーとアニス風味
ロケットとクランベリーのサラダ、ローストしたスライス・アーモンド

ラビオリはBeurre Noisetteといって、茶色くなるまでバターに火をいれた焦がしバターとセージで和えてます。
それをタワーみたいに積んで、アーモンドミルクで作った、軽めのちょっとしゃばっとした感じのスープ状のソースを入れてます。その上にロケットのサラダを乗せて、ローストしたスライス・アーモンドを散らしました。

ラビオリのフィリングに少しだけカレーパウダーを入れました。
自分で言うのも恐縮ですが・・・
ソースのジンジャーとアニス、ほんのりとカレーの味がするラビオリ、そこにロケットのピリッとした味とドライ・クランベリーの甘酸っぱさの味の融合が何とも言えない美味しさでした。
そして、カリッとしたスライス・アーモンドの食感!
フレンチーとJFはお代わりをしてました。

a0136808_1513517.jpg

ハフ王からもらったサーモンでサーモン・タルタルを。
ここのサーモン、ホントにクオリティーが良くて美味しいの!
ピンク・サーモン(サーモンの種類)だけど、十分に生でいける!
サーモンのタルタルの下にプレスしたアボカドを。
みじん切りにした玉ねぎ、ケイパー、パセリ、ライム&レモン汁をちょこっと、塩コショウ、ウスターシャー・ソース、タバスコ、ちょっと隠し味にパクチーを入れました。
飾りにインゲン、ベイビー・スピナッチ(ホウレンソウ)、インドのパリパリのせんべいみたいなパパドムを。
パパドムのカリッとさとサーモンとアボカドのねちょっとした感じがトレビア~ん010.gif
『これ、ラウンジ・メニューにええな~。白ワインとあうでー。』
なんていいながら、バクバク食べてました
(一応コース・ミールなんだがね~)。

a0136808_15233528.jpg
a0136808_15241072.jpg

そして、この日の主役、Gooseです!

これも、ハフ王からクリスマスにもらいました。
ホントはターキーをくれようとしていたのですが、
018.gif『ターキー、好きじゃない。』
と言うと、Gooseは?ということで、Gooseをいただきました040.gif
Gooseなんて料理したことがなかったけど、なんとかそれらしくできました~
野菜をいっぱい添えて、ホリデーらしくしました。
a0136808_15313134.jpg

フレンチーが切り分けてくれました。
Gooseって日本ではなじみがないですよね。
鴨と似たような、でも、鴨ほどしつこい感じはないような・・・でも、アニマルな味~。
もっと脂っこいかな~と思ったけど、意外にそうでもなかった。
レモンとライムとファイブ・スパイスで味付けして、ローストしたからかな~。
JFも初めて食べたけど美味しかったと大絶賛してました。
鴨とはまた違った美味しさでした。

a0136808_15361791.jpg

もちろん、北米のホリデー料理にはこれは欠かせませんな~
スタッフィング!
パンとたっぷりのハーブ、バター、鳥の出汁で作ります。
これが、美味しいのよ~~~

ワインはこちら
a0136808_15345517.jpg

シャトー・ムートン・ロッシルドの近くで作ってるワインだそうです。(フレンチー曰く)
これも、美味しゅうございました。

お腹もパンパンになってきましたが、デザートは別腹!
a0136808_1540279.jpg

簡単ですが、チョコレート・ムース♪
グランマニエ(オレンジのリキュール)をたっぷり入れました。
シンプルだけど、口の中でふわっとして、オレンジのほのかな香りが口の中に広がって懐かしい味がしました。
オレンジとチョコレートってなんだか、フランスを思い起こさせるんだな~ワタシ的には。

3人でなんだかんだと話していると、夜中を過ぎてました。

こうやって、健康にみんなで一年を過ごせたことに感謝ですね。

メリー・クリスマス!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-12-27 14:15

いただきます

こんにちは~

一つ前のブログの日付を見たら、あらまあ、10月30日ではありませんか!

今日が17日なので、あれから2週間ちょっと。

レストランのほうに回されて、新しいメニューを作らないといけないので、それのアイデアをまず考えて、シェフのハフ王とミーティングをして、アイデアを交換し合って決めていきます。
やっぱり、議論とかにもなるので、意外と時間がかかります。
それで何日か費やして、今度はシラバスというこの料理にはどういう材料が入っているかとかという情報をサーバーと、あと一緒に働くコックさんのために書類にしていかないといといけません。
それも、時間を要します。
そして、最終的に全てが決まって、仕込みを始めていきます。

それだけが仕事だったら大したことないんだけど、やっぱり、何かしら毎日急な仕事が入ったり、スペシャルを作らないといけなかったり、はたまた普通受け付けない20人の予約が誰かのミスで当日に知らされたりとか、金曜日はレストランでスペシャル・イベントがあって、『ビュッフェ・スタイルでやらないといけないから。メニューはコレだ。』という知らせを3日前に聞くなど、まあ、なんだか色々やることが急にきます。

歳をとったからか、コンペティションでもまれたからか、はたまたハフ王のスパルタにもまれてるからか、そんなことではビックリしなくなりましたが、とにかく059.gif時間が無い059.gif

休みの日も返上してやらないといけない仕事とかもあるので、最低週に1回は書きたいブログもままならないのですー。040.gif007.gif040.gif

でも、気長にブログは続けていきたいと思いますー。041.gif

ニューヨーク旅行記も書かないといけないしね~060.gif

ああ~宝くじで065.gif50ミリオンドル(50億円)065.gif当たって、家族や友達とシェアーした後、残りのお金でニューヨークで暮らして、世界の美味しいレストランを食べまわりたい~043.gif070.gif043.gif


今週も豚丸一頭が来ました004.gif

今回はGちゃんという私のレストランの野菜担当の子が003.gif『豚、さばいてみたい!』と進んでやると言ったので、お任せいたしました。

でも、これからも毎週か2週間に一回は豚がくるので、私がやっぱりやらされる羽目になると思うので、ブッチャリングもそのうち、肉屋のおっさんみたいにガンガンやってるんだろうな~。

ますます父が望む女性らしさからかけ離れていきます・・・。

豚丸一頭さばいてるところをみたら、お父さんは眉間にしわを寄せて変な顔を、お母さんは気絶するかもしれません。

でもね~、レストランに移って以来、生き物を携わってるわけですが、ホントに、毎回思うのは、食べ物を無駄にしてはいけないということです。

豚もそうですが、ロブスターとか生きてるところを頭を取って胴体と腕に分けてサッとクッキングして、身の部分をとる仕込みをするのですが、頭を取って腕をとってもやっぱりまだロブスターは動いてる。
お湯に入れる直前まで。
私はそれを見て、料理をするのですが、食べ物として扱っていますが、やはり心が痛まないわけでもありません。
でも、美味しい料理を食べるにはフレッシュじゃないといけないので、死んだロブスターを使うわけにもいけません。
お魚もそう。
やっぱり、生きている間に何らかの形でしめないといけないので、肉だろうが魚だろうがロブスターだろうが同じ経過なんです。
それを思うと人間というのは、罪な生き物だなと思うんです。
動物の犠牲なくしては生きていけません。
018.gif『野菜があるじゃん、ベジタリアンになれば?』
っていうと、やっぱり、そういうわけにはいきません。
それがポイントじゃないと思うんです。
ポイントはやっぱり
もっと考えながら食べろ
というところにある思うんです。
動物や魚の犠牲のことを考えるのはもちろん、それを育てている農家の人たちだとか、それを調理している私たちみたいなシェフやコックやプロではありませんが主婦達パッション努力
レストランや食卓で食べるとき、そこまで考えませんよね。
私たちの目の前にある一皿はそういうものの集結なんです。
凄いことだとは思いませんか?

昨日、職場のマルコメ君ことM君とフォアグラ・トーション(Foie Gra Torchon)を作りました。
作ったことが無かったので、味付けは私がして彼が締め方を見せてくれたのですが、チーズ布でチューブ状にした後、紐で両端を縛るのですが、この作業がマルコメ君みたいな力のある男の人でも、全身の力を振り絞って縛らないとできないんです。
これもかなりの労力がいるんです。
お皿の上では美しく美味しいものも、フォアグラ用の鴨から始まり、その栽培者、そしてそれをさばく人、そして調理人のパッションにつながり、お皿にのるんです。
だから、ホントに、皆さんには大切に無駄なく食べてもらいたいんです。
作り手の私たちも、技術がないとやはり食べ物を無駄にしてしまうことになるので、やはり、日々、努力をして、そういう食材を最高の状態でお客様に提供していかないといけないという使命を毎日感じてます。
だから、もっと本を読んで、勉強しないとな~と思います。

なんだか、説教臭くなりましたね~ははは~

とにかく、べ物は無駄にしてはいけません

033.gifラスベガスのビュッフェ、大反対!033.gif

日本語の

いただきます
という言葉はなんて美しいんだろうと思います。

この感謝の言葉は、私が↑上で言った全てに当てはまります。

なんとなく、ありきたりに言うのではなくて、色々な過程に感謝の意を込めて食べる前には言たい言葉です。


Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-11-18 02:26

いきなり修行に突入!

嗚呼~

充電旅行、ニューヨークの旅もつかの間・・・

仕事に帰えると、いきなりクラブのレストランのほうで働くことに。

それもソーシエ(ソース、肉、魚の担当)。

当初は、ハフ王とも話したように、バンケット(宴会・パーティー)のガーマンジェ(Garde Manger: 冷菜担当)を1年くらいやって、ぼちぼちバンケットの料理のほうに慣れていくという予定だったのですが・・・・
ゴジャ爺が急に定年退職をこの9月にしたので
『じゃ、お前、コンペティションから帰ってきたら、朝のバンケットの宴会料理をやれ。』
と言われていたので、そのつもりでいたのですが・・・
ニューヨークで元気をもらってるときにハフ王からメールがあって、
『お前には宴会は不向きだろう。レストランにLoveとCareができる人がいる。レストランのほうをやってもらう。』
とのこと。
ずっと、レストランでやりたい~とはハフ王にも言っていたのですが、
『スーシェフはレストランには置かない。』
というので
『ま、いいかっ。』
と思っていたのですが、いきなりそんなメールが来たので、ちょっとビックリしましたが、私にとってはすごいチャレンジなので嬉しくなりました!
でも・・・
問題は・・・
何せ前は料理をやっていたと言っても
8年くらい料理のほうを離れてお菓子のほうをやっていたので、やはり肉や魚を焼く感覚がなかなか戻りません。
細かいことだけど、やはりレストランのサービスというのは秒単位ですから、といのも何人ものお客様の料理を時間差で作っていかないといけないので、最初の段階、例えば、お肉を焼く前にフライパンを温めますよね。そのフライパンが温まるのにこのガスでは何秒かかるかとか、その辺の感覚から養っていかないといけないんです。
そのへんの感覚がお菓子をやってるうちに衰えちゃったんですよ~。
帰ってすぐ、いきなりハフ王のスパルタ教育が始まって、ちょっとうろたえてます~
忙しい金曜日なんかはやっぱり焦ってミスとかもしたので、叱られながら、でも、歯を食いしばってがんばりました~。
途中で自分の不甲斐無ささに泣けそうになったけど、泣くともっと情けないので、プライドにかけてそれだけはなんとか・・・。
40のおばはんになって、もうちょっと安定しようよ~って思うけど、やっぱりチャレンジは好き!

それにしても、ハフ王、スパルタです。
仕事に復帰してすぐの私に豚を1頭買って、肉をパーツごとに切れ、骨をはずしてブッチャリングしろって言うんだよー!
この8年くらい、肉も魚もろくに触ったことないのに!
『You wanna give me a hard time, eh!?(私に辛い目にあわせたいんだね。)』
と言うと、ハフ王はフニャっと笑うだけです。
ま、でも、そういうんのほうが私には向いている気がします。
そして、私も歳が歳なのでもたもたもしていられないので、そういうスパルタで早く学ばせようというのでしょう。
ま、売られた喧嘩は買おうじゃないのよ!(って別に喧嘩は売られてない)
メニューも2週間後に変えたいって言うし・・・今からアイデアを出していかないといけません・・・。
そんなこんなでニューヨーク旅行記はいつ書けるのか・・・

豚も今回初めてハフ王は買ったのですが、
『I love it!』
なんて言っていたので、これから先も豚が丸一頭来ることでしょう・・・。
ということは、週に1回か2週間に1回の割合でブッチャリングになりそうです・・・。
でも、いい経験と思ってやらせてもらいます。
うちのお母さんが見たら、気絶するだろうな~。

人生、まだまだ、何が起こるかわかりません。

だから面白いのだ!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-10-30 15:19
バンクーバーに帰ってきました。

空港についてすぐ思ったのは

『なんでこんなに静かで、人も少ない・・・そして綺麗・・・』

てちょっとカルチャーショックになっちゃった。

いつもはタイムズスクエアーのホテルに泊まるのですが、なぜかこの時期、べらぼうに高くて、一泊$300(私には3万円感覚)とかするので

『わ~、泊まれても3泊くらいしかできひんわ!』

と大好きなニューヨークに3日しかいられへんと思うとちょっと悲しかったのですが、息子の梅沢君が

『Fumi,Airbnbっていうので泊まってみ。安いよー。僕はパリでそれを利用する!』
っていうので、ウェブサイトを見てみると・・・

ニューヨークのマンハッタンなのに、100ドル以下である!
ま、B&Bなので、誰かのアパートにシェアー&泊まるんですが、安さには変えられません!
めんどくさがりーの私は、とにかく、リヴューのいいのを選んで、そこに決めました。
イースト・ビレッジってあったから、NYU(ニューヨーク大学)の近くでいいじゃ~んって思ってうきうきしてたんですが・・・・

着いてみると地域はローワーイーストといって、下町情緒満載!

とても小汚くて、荒い感じの人たちが多くて、キチキチしてルールを守り街を綺麗に保っているドイツからきたので、

『キャーっ!ここ大丈夫かなー。襲われたらどうしよう!』

とちょっと怖かったですが、意外に大丈夫でした。

旅日記は後でゆっくり書きますので、そのときのエピソードは後ほど・・・。

とにかく、小汚いところでした。
でも、皆必死で生きていて、感動したよ。

そんなこんなで空港について、この平和さと綺麗さが当たり前じゃないんだよ~って思った。
同じ北米でこんなにも違う。
でも、そんなニューヨークはパワフル!



着いたのは土曜日。
何を考えていたのか、土曜日はフレンチー仕事なのに、帰るスケジュールを土曜日の朝にしてしまった能天気な私。

どうにかなるやろと思って

『あ、JF君に迎えにきてもらおう!』

勝手に決めてたら、その日は珍しく仕事が入ってNG。。。007.gif

『ま、バンクーバーの空港でフレンチーが終わるまで待とう!』

と思って、時間があるから、その日に渡したいお土産、AyaちゃんにはH&Hのベーグル、ジェニーさんにはボッタルガ。
ベーグルとか日持ちしないし、ボッタルガは冷蔵したほうがいいので、どうしてもその日のほうがいいかな~と思ってお土産の配達の段取りをしよう~と携帯からテキスト・メッセージをAyaちゃんやジェニーさんに送ると、なんとジェニーさんはピックアップに行こうかとまで言ってくださいました。
ホントに、なんて優しいのでしょう!040.gif

AyaちゃんはJイとポイント・ロバートまでガソリンを入れに行った帰りだったようで、『一緒にランチ食べよ!』と言ってくれました040.gif
荷物がすごくてホントに申し訳なかったのですが、お言葉に甘えて空港までピックアップに来てもらって、Suikaにランチを食べに行きました♪

不覚なことに、携帯をトランクに入れた荷物の中に入れっぱで、写真を撮れず・・・

でも、Ayaちゃんがビールのところの写真を送ってくれたのでそれをアップしまーす♪068.gif068.gif

a0136808_9382712.jpg


Jイお薦めのとんかつ定食を頼みました。

とんかつ2枚もあって
『こんな食べられへ~ん!』
と思いましたが、結構ぺロリっと食べてしまいました004.gif
カリッとしてて美味しかった~010.gif

その後は、Ayaちゃん家に行って、先月上海に旅行に行っていたAyaちゃんの上海話、あと、NY話で盛り上がりました。

おもしろかった~041.gif041.gif041.gif

お土産もすごーく沢山くれてクリスマス気分やった。
a0136808_10195871.jpg

大好きな塩ラーメンも日本から荷物になるのに~ありがとう!
この日本で作った塩ラーメン、昔はバンクーバーでも手に入ったのに、最近では手に入らない!
まったく一緒のサッポロ一番の塩ラーメン、売ってるんだけどアメリカで作ったやつで・・・なんか違うんだよ!
すり胡麻のすり加減が足りひんきがする、アメリカ産のは。
あと、NYガイドブックも~また行きたくなったよ~。
上海で買った小話つきの赤いスカーフ♪
そのほか沢山!
毎回、沢山のお土産、ありがとう!

そうこうしてたら、フレンチーが仕事を終えてAyaちゃん家まで迎えにきてくれました。

3週間ぶり!

久しぶりに会えて嬉しかった~し笑えた~。


その後は、ジェニーさんのところにお土産を。

押しかけたようで申し訳なかったのですが、ジェニーさんの大好きなボッタルガを買ってきたので、それを早く渡したくてお邪魔しました。

毎回、ちょっとお邪魔する予定が・・・
美味しいお料理とワインでウェルカムしてくださるので、ついつい嬉しくなって長居してしまいます。
a0136808_9565883.jpg
a0136808_9572266.jpg
a0136808_9574316.jpg
a0136808_9581393.jpg
a0136808_9583861.jpg

ジーナ♪ジェニーも撮りたかったけど、写真に撮られるのが苦手らしいので、今回はジーナだけ。
可愛い♪
a0136808_1001964.jpg


ホントに、ジェニーさんのおもてなしのセンスには感心させられます~。
私もこういう風に、さささーっとおもてなしができる女性になりたいです~。
フォンデュもみんなでつつきあって食べて、とても楽しく美味しかったですー。
押しかけたようで、スイマセン~!

フレンチーと帰りの車で
『ホント、いい人たちだよね~。』
ってハッピーな気分で家路につきました。

ニューヨークもいいけど、バンクーバーも最高~!

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-10-22 09:42

NYにて充電中

ご無沙汰しておりますー

気がつくと3ヶ月もブログ放置(汗)

コンペティションと仕事で時間に余裕がありませんでした。

コンペもやっと終わり、屈辱的な結果となりましたが、とにかく終わったので一安心。

今は大好きなニューヨークに滞在中。

a0136808_10371984.jpg
a0136808_10423844.jpg
a0136808_1045543.jpg


帰ったら、また、コンペの楽しかった話とか、理不尽な話とか書きたいと思いますー。

余裕があったら、NYの食いしん坊日記も書きますね!

NYは今朝はあんなに寒かったのに、午後から急に暑くなって、体がだるくなって、急に眠くなって今日はあまり動き回ってません。

こういうときは寝るに限るっ!

それではおやすみなさい~014.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-10-15 10:46
DBGB Kitchen and Bar
リンク

へ行ってきました~070.gif

Daniel Bouludという北米で有名なシェフ
a0136808_13575844.jpg


いわゆるセレブなシェフがプロデュースしてるレストランの一つ。

セレブなシェフのカジュアル系の食べ物を食べてみたかったので、興味本位で行ってみました。

中はとてもシック。
a0136808_13562959.jpg



とにかく、Bar(バー)のサイドは人がいっぱいで忙しかった。

ワタシは予約をしていたので、テーブルへ。

ウェイターとバス・ボーイ(お皿をさげたり、テーブルを綺麗にする人)達がイヤに多いなーというのが第一印象。

多いのはいいけど

とにかく

ぺちゃくちゃ

033.gif世間話してる!033.gif

ワタシのテーブルのサービス係の人も座ったときはすぐ来たけど、オーダーを取りに来ない022.gif

これでかなりマイナスな印象015.gif

昔、サービス業してたから、厳しいのよ、ワタクシ013.gif

やっと、オーダーをとりに来たので、めぼしいものをオーダー。

064.gifCRISPY CALAMARI red rye beer batter, spring onion, spicy pickled peppers mizuna salad, kaffir lime cream
カラマリ(小さいイカ)をビールで作った生地で揚げてます。スプリング・オニオンとスパイシー水菜サラダ、カフィア・ライムのクリームソース。
a0136808_13555440.jpg

味付けが濃かった。
メキシカン的な味付けっていうんかな~。009.gif

064.gifBurger,THE FRENCHIE  6 oz beef patty with confit pork belly
arugula, tomato-onion compote & morbier cheese on a peppered brioche bun
with cornichon, mustard & fries
ハンバーガー“フレンチー”。6オンスのハンバーガー・パティ、豚バラのコンフィ、アルギュラ、トマトとオニオンのコンポートとモービエ・チーズ、ブリオッシュ
a0136808_14102524.jpg
a0136808_1410448.jpg

ハンバーガー、普通に美味しかった。

018.gif『はっきり言ってバンクーバーのレストラン・チェーンのCactus Club Cafeのハンバーガーのほうが美味いやん!』

と思ったのは私だけか・・・

ここまで食べてあまり満足感がなかったので、デザートに賭けました~!

シェフ・パティシエさん、おフランスの方のようなので、

『じゃ、スペシャルのタルト・タタン!』

と張り切ってオーダーしたのに・・・
a0136808_14161890.jpg


リンゴにナイフを入れると・・・か・か・固い!
a0136808_14232049.jpg
『普通、タルト・タタンって、リンゴはフォークで切れるくらい柔らかいもんやろ!』

久しぶりにやっさん状態になったわ。


すぐ、ウェイターを呼んで

021.gif『これ、好きじゃない。リンゴ、固いしぃー。ワタシが思ってたタルト・タタンじゃない!』

かなり期待してたからか、とてもがっかりなデザートでした。

有名フランス人シェフのお店でこれはないやろ。

普通、アメリカとかのレストランはちゃんとしてるから、マネージャーが何が問題だったのか確認に来るのですが、それも無く、デザートの分だけチャージされてませんでした。

ま、どっちでもいいんだけどー

これが、Eleven MadisonとかGramercy Tavernなら、ちゃんとマネージャーが確認に来るんだろうな~と思いました。

『この店は二度と来ねーよ!』

と心にこの店が出したアップル・タルト・タタンの、あの固いアップルのように、固く誓ったのでした。

Daniel Bouludのレストランって

多分ね

彼の本命のファインダイニングはすごく良いと思うの。

間違い無いサービスと料理を出すと思うんだよね。

行ったことが無いけど、行った人は全員

『あそこは美味い!』

って口をそろえて言うもの。

でも、彼のカジュアル系のカフェとかビストロは

『あんまり・・・』

という意見が多い。

だから、今度は、彼の本命の『Daniel Boulud』に行きたいと思います。

ここは、サクッと飲みに行くにはいいかもね。

でも、他にももっとイケてるバーはあるから、ここじゃなくてもいいと思います。

Fumiシュラン的にはかなり評価は低いです。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2012-02-28 14:41

カナダから・・・

3月11日14時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM8.8の地震が発生しました。

津波や火災でたくさんの死傷者が発生していると言うのをニュースで見ました。

こちらでも朝のニュースで映像を流していて、被害の大きさに驚いています。

ニュージーランドで大きな地震が起こったばかりで、次は日本で・・・。

一日も早く被害に遭われた人々が救助さることを祈るばかりです。

亡くなられた方にはご冥福をお祈りいたします。

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2011-03-12 00:37