バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin

2010年 08月 05日 ( 1 )

3連休の2日目は職場の人のお見舞いに・・・。

ワタシが今の職場で働いてから、仲良くさせていただいているMさん。
うちの職場でバーテンをしている63歳のおっちゃん。
奥さんもとってもいい人で、職場のクリスマス・パーティーでは必ず一緒のテーブルに座ったり、なかなか休日が合わないですが、家にも何度かお邪魔させていただいたことがあります。ワタシのことを、結構可愛がってくれてて、旅行に行ったら、必ず、お土産を交換するほどの仲。

2週間前から入院をしていて、家に電話をするのですが、留守で・・・多分、奥さんはMさんに付きっ切りなのでしょう・・・。

なので、直接、病院にお見舞いに行きました~。

Mさん、ワタシの作るスコーンが好きなので、スコーンを焼いて持っていくことに。
ジンジャー(しょうが)好きのMさんのために、キャンディー・ジンジャーを小さいダイスに切って、トフィーの砕いたのも入れ込んで焼きました。

a0136808_1137506.jpg


病院に着くと、やせ細ったMさんが、ラウンジのところで、家族の方々とおしゃべりされてました。

「Hi!Long time no see! Are you OK???」

ハグをしながら、聞きます・・・。

寝込んでいると思っていたので、ラウンジに座ってみんなとしゃべってる姿を見て、少し安心をしました。

健常者のように、元気マンマンというわけには行きませんが、普通に会話ができるので、「よかった~」と思いました。

病院に入院する数日前、職場でMさんを見かけたとき、すごく痩せたのが目に付いたので、

「大丈夫?すごい痩せたみたいだけど・・・。病院に行った?」

と聞くと、

「うん。ストレスのためか高血圧で・・・。お医者さんはそのせいで痩せたんだろうっていってるんだ。」

と仰ってました。

034.gif「食べ物に気を付けなよ~。塩はアカンでー。」

と言っていた矢先のこと・・・。

その日の仕事で、ちょっとしたことでこけたらしいのですが、どうやっても立ち上がれなかったようです・・・。ひざが立たなかったらしいです。周りの人は、Mさんがバーテンだから、お酒を飲んで酔っ払っているんだろうと思ったらしいのですが・・・Mさんはお酒を飲まない人なのです。ヒドイよね~。033.gif

で、その日、家に帰り、奥さんが疲れ切って、やつれたMさんをERに連れて行ったそうです。

お医者さんに
「なんで、こんなになるまで放っておいたんだ!」
と叱られたそうです。

ERにくるのが、あと1日遅れていたら、間違いなく脳卒中で倒れていただろうということです。013.gif

奥さんの迅速な判断により、彼は一命を取り留めたのです!

「Mさん、仕事、帰ってくるの?」

と聞くと、

もう、退職するよ。もし、脳卒中で倒れていたら・・・ってことを考えると、人生、何のために生きていたんだと思う。脳卒中で一命を取り留めたとしても、こうやって、家族やFumiや友達と話をしたり、笑ったりできない・・・そんなことを思うと恐ろしくなる・・・。今回、脳卒中になっていたら、2回目だから、それをくいとめたというのは、神様からの贈り物だと思うんだ。だから、これを機に仕事を辞めて、人生を楽しもうと思う。」
と仰ってました。

ホントに、心から思っていることを語ってくれたので、泣けそうになりました・・・。007.gif

再び、Cape Diem・・・
"Seize the day, trusting as little as possible in the future"027.gif
ほんの数秒で未来が完全に変わることがあります・・・。
普通は当たり前ではないのだと、こうやって、身近な人が病気や事故に合うと、つくづく思います。やはり、後悔の無いように生きなければいけません。045.gif

「退院したら、食事に行こうね~」
と約束して、病院を後にしました。


次はちいちいのお見舞い~。
リハビリ・センターで「これから頑張るぞ~!」とやる気マンマンだったちいちい・・・
日本にいる頃から患っていた腸の調子が悪くなって、再び入院・・・今は手術を受けて安静にしていらっしゃいます。
そんなちいちいのために、苺パンを作りました~。
a0136808_1233025.jpg
a0136808_1234139.jpg

今回は苺ジャム・フィリングも多めに入れたよ~ん♪
a0136808_1235471.jpg


手術は成功したものの、まだ、かなり痛いらしく・・・辛そうにしてました007.gif

可愛そうなちいちい・・・。

でも優しいご主人が付き添っていらっしゃるので、安心です。
ガンバレ!ちいちい~。066.gif066.gif066.gif

056.gifちなみに、今日、ちいちいからText Messageが来て、退院してリハビリセンターに移ったということです。まだ、痛むそうですが、とても嬉しそうな文面でした!
彼女はどんな状況でもホント前向き。045.gif
素晴らしいです。

****************************************

a0136808_12112058.jpg


↑こちら、お隣の市原さんの裏庭でできたプルーン。

スコーンをあげたら、そのお返しにくれました。

やっぱり、もぎたて、おいしいーっ!

市原さんのお母さん(92歳)、1ヶ月くらい前から、市原さんご夫婦と一緒に暮らしていらっしゃるのですが・・・家の前で出会っても全然、声を掛けてくれなかったのに、スコーンをあげたからか・・・
「Thank you!」
と言ってくれました。(驚)

「My pleasure!」
とワタクシ。

やはり、食べ物の威力はスゴイ・・・。

今は亡きワタシの愛するShizuka婆さんの言葉が甦る・・・

a0136808_13481112.jpg
018.gif食べもんをあげたら、人は良くしてくれる。美味しいもんに人は弱いんじゃ。」
byしずか


さすが、明治女のしずかさんの言葉には重みがあるわ~045.gif


Fumi
[PR]
by ralamartin | 2010-08-05 12:36 | パン