バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Fisherman's Terraceへ行ってきました~

さ~て、

先ほどの記事

指圧に行ってきました~の後

リッチモンドにあるFisherman’s Terraceへ行ってきました。

a0136808_10271618.jpg


久しぶりに、MinとMinのお母さんに会いました!

もう、かれこれ、半年くらい会ってないな~。

Minは私達がリッチモンドに住んでいたころ、うちに半年くらいホームステイをしていたのです。

そのときからの付き合いですね~。

カナダに着いたばかりの頃は、とてもおとなしくて・・・

ちょっと怯えた感じだったかな~

ワタシが意地悪したんじゃないよ~!

着いた日と次の日は部屋に閉じこもって

ずっと寝ていました。

部屋のドアをノックしても音沙汰がないので

「疲れて寝てるんだね~。」

と言っていました。

フレンチーは

「モルモットのように寝る子だ」

a0136808_11443684.jpg


と言ってました・・・(笑)。

たぶん、一人っ子だから(そういう政策だもんね~)

箱入り娘らしく・・・・

カナダに来る前に、お父さんにさんざん

“外国は恐ろしいところだから、ホストのお父さん、お母さん意外とは外出してはいけない。”

a0136808_10425623.jpg


と、いろいろな怖い体験談をきかされていたようです・・・。

だから、最初の頃、大丈夫かなぁ~とフレンチーと心配していましたが・・・

だんだんと日に日に心を開いてくれて、

今ではとってもいい友達です!

ワタシにとっては妹のような・・・(ワタシ、若いからね、気持ち的に011.gif

フレンチーにとっては娘のような存在かしら~

そんな、箱入り娘も、今となっては社会人!今年、28歳だとか!ヒィェ~!

T & T Supermarket という、カナダでアジアの食材を売っている大手のスーバーのヘッドオフィスで、どこの課かは知りませんが、サブマネージャーをしてます。だから、カルガリーやトロントにも出張によくいくんですよ~。成長したね~071.gif 最初から、見てきた私達は、親族のように、彼女の成長を嬉しく思ってます!

a0136808_10373953.jpg


左から、お母様のYuriさん(中国で産婦人科の女医さんをしていらっしゃいました、Min,そしてフレンチー

さて、

オーダーしたものを載せます~!

蟹と魚の胃袋のスープ

a0136808_10492482.jpg


アツアツのスープで、お腹が減っていたもんで・・・急いで食べたので、口の中をヤケドしました(笑)・・・蟹肉いっぱい、魚の胃袋いっぱいはいってて、おいしかった~。


Live Lobster。 水槽からロブスターを網ですくいあげて、適当な大きさにチョップ(切って)して、油で揚げて、コンソメスープベースのソースでネギや玉ねぎやしょうがと一緒に炒めたもの。

a0136808_10531068.jpg


味は美味しかったんだけど・・・フレンチーもワタシもMinも、“これは、オーバークック(調理しすぎ)だ!”と文句ではないのですが・・・“こんなこと、前はなかったのになあ・・・”とちょっと残念がっていました。でも、ロブスターの肉が調理しすぎて硬いの!中華は火の入れ具合が大事だからね。ロブスターは調理しすぎて肉が硬くなるとダメなのだ!でも、味は美味しいので、平らげましたけど・・・残念じゃ・・・


精進野菜の炒め物。英語でSuperior Buddhist Feast。

a0136808_1111347.jpg



レタスラップ

a0136808_1132750.jpg



この辺まで来ると、私達食いしん坊3人は(Minのお母さんは、お上品だから、何もおっしゃいませんよ~)、

「このレタスラップ、前より量が少ないぞ!」

「精進野菜の炒め物も野菜の割合が少ないっ!」

「ちょっと、塩味がキツくないけ~?」

食いしん坊3人で話し合った結果、

シェフが変わったに違いないっ!

私達、よく、この中華レストランを利用しているので分かるのだっ!


ワタシの大好物の福州チャーハン。(写真の映りが悪くてスイマセン!)

a0136808_1184568.jpg


シーフードのソースがチャーハンの上からかかっているやつなんだけど・・・

違うっ・・・・!

いつもの福州チャーハンと違うっ!

前にオーダーしたときは、海老とか帆立とか大きいのがまるっぽ、豪勢に入っていたのに・・・

今回のは、小さく刻んであるっ!

ちょっと、ガッカリ・・・

a0136808_11205040.jpg


テンションは下がり・・・

最後のバーベキュー・ダック(鴨)が来ました。

a0136808_11221451.jpg


これは、皮がパリパリしていて、味も良かったし、合格。

それにしても、他のが、前よりも明らかに質と量が落ちていてショック・・・。

クリスマスで、レストランも大忙しだったからか・・・

でも、そんな言い訳は通用しまへん!

また、1ヵ月後くらいに、偵察に行ってきます。それでも、同じ調子なら、

「シェフ、変えただろ?」

と聞こうと思います。

中国の人たちは正直だし、こういう食べ物や味覚や量の事は敏感だから、もう、すでに誰かがつっこんでくれていると思うけどね~。

前のほうが明らかにおいしかった・・・。

だから、シェフは一番だいじなのよ!

アジアだと、シェフのほうが位的にも上ですが、ここ、カナダでは低くあしらわれてるんですよ~。ホテルのエグゼクティブの中でも、シェフはfood and beverageのディレクターより下なんです・・・。いかに、食べ物が人々の中に浸透していないのがわかりますよね~。食べ物に対する価値観がアジアとは明らかに違うと思います。

アジア人やヨーロッパ人は、

”Live to eat” 食べるために生きている。

でも

北米人は

全員が全員そうじゃないけど、だいたいの人は

“Eat to Live” 生きるために食べる。

この、違い、分かりますかぁ~?

Live to eatは、食べることを喜びとして、人生の幸福としていますが

Eat to liveは、生きるために、なんでもいいから口に入れておくというわけです。貧しい人も多いから、しょうがないんだけど・・・。

でも、お客さんを舐めちゃいけない!

カナダのお客さんでも、美味しいものは知っているのですよね~。

美味しいところは、生き残ってるし、

不味い商売をしているところはいずれ消えてます。

皆が皆、そうじゃないけど、マジョリティー(大多数)の人は、まだ、Live to eatですが、徐々にですがバンクーバーの食に対する価値も上がってきてると思います。

もっと、みんなに、食べる喜びを分かって欲しいな~。

美味しいものを食べるって、幸せなことよ~。

豪華なものじゃなくてもいいんだよ~!


Fumi
[PR]
トラックバックURL : http://eatcake.exblog.jp/tb/9493654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyanao117 at 2009-12-25 01:44
ぜんぜん、つぼがずれているけど、モルモットのように寝る。。というところで、わたしは大笑いしてました。どうして、モルモットなのでしょう?フレンチさまに聞いておいてね。

レストラン、ときどき、味がかわっていることあるよね。それが、お気に入りのレストランだとがっかりしてしまったりする。シェフが変わってしまったりすると味が変わるのは納得できるけど。。でも、レストランのコストを下げるためにとか、競争に勝ち抜くためにとかで、どこかで材料の質を下げるとか。。してほしくないですよね。。
Commented by ralamartin at 2009-12-25 10:22
モナさんへ~
フレンチー、時々、変な例えをするんです・・・。笑っていただいて、光栄ですわっ!で、フレンチーに何でモルモットなのかと聞いたところ・・・モルモットは冬の間、冬眠するからだそうです・・・冬の間にすごく寝るらしい・・・。ワタシにとってモルモットは実験用のねずみ・・・

そうなんですよ~。お気に入りのレストランでそれをされると、めちゃめちゃガッカリして・・・当分、行かなくなるんです・・・。あそこはシェフも変わっただろうけど、コスト削減もあるのでは???今度、ウェイターに突っ込んでおきます(可愛そうなウェイター!)。でも、中国の人はズバズバはっきり言う人が多いから、それとなく言ってみたいと思います。福州チャーハン!海老と帆立は大きいのをまるっぽ、気前よくして~とリクエストしてみます。Fumi
by ralamartin | 2009-12-24 11:50 | レストラン バンクーバー | Trackback | Comments(2)