バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

チョコレートチップ・マフィン レシピなのだ!

こにゃにゃちわ!

a0136808_1225742.jpg


さて、今日は、私のブログにコメントをくださった、Mariさんからのリクエストにより・・・

チョコチップ・マフィンのレシピを載せます!

a0136808_12192227.jpg


って・・・


そのときのブログでは・・・


“レシピはまたアップしま~ス!”056.gif

と調子のいいことを書いておいて・・・


すっかり忘れておりました・・・048.gif


なので、今日、アップさせていただきますっ!ペコリ

a0136808_12362255.jpg




まずは、材料から・・・


チョコレートチップ マフィン

バター180g
ブラウン・シュガー180g
蜂蜜135g

卵3個
バニラエッセンス 少々

All purpose Flour477g
ブラン(Bran)33g
ベーキングパウダー7.2g
ベーキングソーダ9.6g

バターミルク180ml
ハーフ アンド ハーフ216ml

チョコレートチップ240g
くるみ135g



えっと、ここで、注意書きなのですが・・・

このレシピは私が仕事で使っているので、材料とかは北米のものになります・・・。

なので、日本の方にはなじみがないものがあるかも・・・

例えば


ブラウン・シュガー・・・
三温糖でもいけると思いますが・・・味のコクとかはブラウンシュガーのそれとは違うかもしれません。

ブラン(Bran)は日本にも売ってるとは思います。なければないで、大丈夫かと思いますが・・・この、ブランの素朴な味がまたいいのですよ~。

All Purpose Flourですが、これは、日本で言う中力粉でしょうか。普通の小麦粉でも大丈夫だと思います・・・。

バターミルクは、日本では、私の記憶する限り見たことがないので・・・牛乳に大さじ1のレモンジュースかすを入れて15待てば代用品ができます。

ハーフ アンド ハーフ は、こちら北米でコーヒーに入れるクリーマーです。日本の牛乳は濃度が濃いので、牛乳でいけると思います。


材料の注意書きは以上でございまする。

a0136808_1313878.jpg




では、ここから、作り方を・・・

1) まず、ボウルに、室温に戻した柔らかいバター、ブラウン・シュガー、蜂蜜を入れます。 
  *バターは、電子レンジで数秒入れて、柔らかくしてもいい。
   
   ハンドミキサーで、よく混ぜます。(高速よっ!)

a0136808_1352554.jpg


2)次に、卵とバニラエッセンス(バニラ・エキストラクト)を入れて、再び、ハンドミキサーでよく混ぜます。(高速!)

a0136808_137793.jpg


3)別のボウルに、All purpose flour(小麦粉)、ブラン、ベーキング・パウダー、ベーキング・ソーダを入れて、Whisk(泡だて器っていうんでしょうか?)で、混ぜ混ぜします。

a0136808_13102516.jpg


4)バターミルク、ハーフ・アンド・ハーフをはかります。

a0136808_131131100.jpg


5) 2)のボウルに3)と4)を3回ずつに分けて、交互に混ぜ合わせます。

a0136808_13131142.jpg
a0136808_13132655.jpg


要するに、まずは小麦粉のミックスを3分の1を2)に入れて、ある程度混ぜ合わせ、次に4)のミルク系の3分の1を混ぜ合わせます。それを交互に3回やります。

6)全部、混ぜ終えたら、チョコチップと刻んだクルミを混ぜ合わせてできあがり!

a0136808_1318406.jpg


7)マフィン・パンにマフィン用の紙を入れて、生地を入れて・・・

a0136808_1320480.jpg


180度C(北米では350度F)のオーブンに入れて、やく20分から25分くらい入れて

出来上がり!

a0136808_13214091.jpg


焼き時間は、オーブンの癖がそれぞれあるので、自分で竹串とか、ミニナイフを刺して確認してねっ!

a0136808_13234370.jpg



Fumi
[PR]
by ralamartin | 2009-11-10 13:26 | レシピ お菓子