バンクーバーに移住してかれこれ14年。ひょんなことから、パティシエになりました。日々のできごと、料理、もちろん、スィーツの紹介。


by ralamartin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

やっぱり・・・

またまたブログごぶさた007.gif

『今週こそは時間通りに帰れる!』

と思いきや・・・

069.gifワイン・メーカーのディナー・パーティー
069.gifイタリアのワイン・メーカーのランチョン・パーティー
067.gif手間のかかるウェディング・ケーキ
067.gifThanks Giving Dayのためのパンプキン・パイとアップル・パイ
067.gif宝ジェンヌのリクエスト、タルト・タタンを作らないといけなくなった

やっぱり9月から落ち着きません。

大きなパーティーとかそういう訳ではないのですが・・・
手間と神経を使う仕事が多かったです。

ワイン・メーカーのディナーもこういうときこそ、日ごろ作れない手の込んだデザートを作りたいので、張り切ってしまいます。

適当にしてもいいのでしょうが、いろいろトライできるチャンスなので、やらずにはいられません。

ハフ王も好きなようにさせてくれるので、やりたい放題です♪

自分のやりたいようにさせるシェフもいるので、こうやって自由にさせてくれるので

ありがたや、ありがたや~。

先々週もワイン・メーカーズのディナーがあったのですが、そのときは季節の『りんご』で攻めさせてもらいました。

4種類のりんごを使ってデザートを作りました。

その名も『Apple Four Play』

ピンク・レディー、フジ、グラニー・スミス、クラブ・アップルの4種類です。

ピンクレディーでベニエというフランス風のドーナツを
フジ・アップルではタルト・タタン
グラニー・スミスではソルべ
クラブ・アップルでスフレ

を作りました。

残念ながら、写真は忘れました008.gif040.gif007.gif

今回は季節の洋ナシを使ったデザート。

肉料理が鹿肉だったので、チョコレートとカシスも洋ナシにあわせて作りました。

a0136808_8233472.jpg


056.gifチョコレートとカシスのフォンダント・バー
056.gif洋ナシとクミンのソルべ
056.gifカシスと蜂蜜のケーキ
056.gif洋ナシの赤ワイン煮、チョコレートスフレ

です。

また、ワイン・メーカーズ・ディナーが11月にあるみたい。
ハフ王がメニューをくれと言っていたので、それもまた、考えなくては・・・。
でも、楽しみ~♪



*****************************************
土曜日はウェディング・ケーキがあったのですが・・・

これまた時間のかかるバージョンので・・・

パイピングも結構あったし、あと、何と言ってもシュガー・フラワー!

ガム・ペーストというシュガーペーストみたいなので作ります。

バラの花だったので、一枚一枚やらないといけないので、とても時間がかかります。
あと、乾かしたりしながらやるので、手間がかかります。
だから木曜日、金曜日も居残りでやりましたよ~。

土曜日の朝、毎度、梅沢君が朝ごはんを作って迎えてくれました。
a0136808_8351232.jpg

ワタシの好みを心得ていて
目玉焼き1個に、カリカリなベーコン2枚、トーストは白パンで半分に切ってバターを薄く塗る。
すごいでしょ~005.gif

やっぱり、心はガールだから、気が利くのよ~♪

067.gif土曜日のウェディング・ケーキ
a0136808_8301347.jpg

a0136808_8374372.jpg

a0136808_838777.jpg


すべて白で統一!
とてもクラッシーなウェディング・ケーキでございました。
とてもエレガント。
この日のウェディングは、お金のあるカップルだったのか、私の好きなルーム・デコレーターさんと、お花やさんでした♪
ここのお花屋さんのお花はとても綺麗で、ぴか一!
趣味もいいの~。
『久しぶり~!』
なんて言って話しに花が咲きました。

ウェディング・ケーキを持っていくと、
『シュガーで作った花なのね。そのほうがワタシは断然好き!』
と仰ってました。

お花屋さんのマダムもワタシも同じ考えなのですが・・・
生の花はもちろん美しい。
でも、ケーキ職人が作る砂糖の花は生の花では出せない芸術性と言うものがあると。
食べられるアートです。
やはり、それを分かってもらいたいと私達はいつも思っています。
確かに時間がかかるから、それなりにお金をチャージしないといけないのですが・・・
やはり、機械や生の花では出せない職人の思いとかがこもっているのは間違いありません。
今回のお客様はたまたまそういうことが分かってくれているお客様なので、こんな風に作らせてもらえました。
ワタシ的には無償の残業でしたが、やりがいは何にも変えられません。
自己満足の世界。
まだまだ、シュガーは苦手だけど、これからもこういう職人技が出せるようなケーキを作って行きたいですー!

********************************************

067.gifタルト・タタン
a0136808_8484341.jpg


ちょっとモダンにしてみました。

熱いのを食べるのが一番なんだけど・・・

冷たいのもそれはそれで美味しいです。

シブースト・クリームをつけました。





今日から2日休み♪

イェイ!070.gif

Fumi
[PR]
by ralamartin | 2011-10-10 08:23 | 仕事